ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 僕は奇跡なんかじゃなかった ヘルベルト・フォン・カラヤン その伝説と実像

  • 僕は奇跡なんかじゃなかった ヘルベルト・フォン・カラヤン その伝説と実像

僕は奇跡なんかじゃなかった ヘルベルト・フォン・カラヤン その伝説と実像

  • カール・レーブル/著 関根裕子/訳 レーブル,カール(L¨obl,Karl)
    1930‐2014。1930年、オーストリア・ウィーン生まれ。“Weltpresse”のライターおよび音楽批評家を皮切りに、1954年からは“Bild Telegraf”および“Kurier”の文化欄主任、1975~78年には“Kurier”編集長を務めた。1952年からはラジオ番組でも活躍。1968年からは28年以上にわたりラジオ番組「クラシックはお好き?」の、1995年からは同「クラシックとの出会い」の企画、司会を務めた

    関根 裕子
    国立音楽大学卒業、筑波大学大学院(博士課程)修了。ウィーン大学留学(ドイツ文学・音楽学専攻)。専門は、ウィーン世紀転換期文学・文化、音楽文化史。早稲田大学、明治大学、日本女子大学、学習院大学、武蔵大学等で非常勤講師

  • ページ数
    183p
  • ISBN
    978-4-276-20379-2
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,850 (税込:1,998

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 二十世紀―指揮者が政治家や映画スター並みの大きな注目を集めた時代…関心が高まれば、真偽不明の噂も飛び交うというもの。オーストリア音楽批評界の重鎮カール・レーブルが、経験豊かな批評家の嗅覚で伝説と実像を区別し、カラヤン神話の背後に隠された真の人間カラヤンをあらゆる角度から浮かび上がらせた。
目次
神様
彼はナチではなかった
偉大な彗星
フルトヴェングラーの嫉妬
ヨーロッパの音楽総監督
ボスのための新しいハコ
テレビ戦争
最初のウィーンからの逃走
ユダのキス
ジュネーブがザルツブルクになる〔ほか〕

商品詳細情報

サイズ 19cm
原題 原タイトル:Ich war kein Wunder!
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 僕は奇跡なんかじゃなかった ヘルベルト・フォン・カラヤン その伝説と実像
  • 僕は奇跡なんかじゃなかった ヘルベルト・フォン・カラヤン その伝説と実像

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中