ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ファンダメンタルな楽曲分析入門

  • ファンダメンタルな楽曲分析入門

ファンダメンタルな楽曲分析入門

  • 沼野雄司/著 沼野 雄司
    1965年東京生。東京藝術大学大学院博士後期課程修了。博士(音楽学)。東京音楽大学助教授を経て、桐朋学園大学教授、および同大学附属図書館長。2007年から08年までハーヴァード大学客員研究員。20世紀音楽に関する著訳書、論文は多数におよぶ。国内学会での研究発表が多数あるほか、近年ではアメリカ、中国、オランダ、リトアニア、ジョージア(グルジア)などにおける国際学会での発表や招待講演も多い

  • ページ数
    171p
  • ISBN
    978-4-276-13204-7
  • 発売日
    2017年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 奥泉光氏推薦!「楽曲分析」の入門書。
    とりわけ「音楽形式」に関する分析について、最も基礎的な段階から考える。
    ファンダメンタル(原理的)な次元で考えるので、様々な音楽に応用できる。
    また、「ソナタ形式」「自由なソナタ形式」…などと現象を細分化するのではなく、差異よりも共通点を足がかりに分析しているので、分かりやすい。
    クラシック音楽を対象として、その「形式」に特化した分析を扱うけれども、随所でより大きな分析の世界を提示する。
目次
分割と再統合
同質/異質のグラデーション
反復パターンと形式の関係
3部形式のエクセサイズ:閉じられた/開かれた小宇宙
「超越的」な楽曲は存在するか?
ソナタ形式の憂鬱
ソナタ形式のエクセサイズ1:謎また謎の前編
ソナタ形式のエクセサイズ2:「お気楽さ」の真相に迫る
楽曲の形式から見る西洋音楽史
ロマン派を省く理由
現代音楽の分析1:セリーとテクスチュア
現代音楽の分析2:密度と凝集度
新しい形式と記憶
現代音楽の分析2:悲劇とクラスター、あるいは擬音とテクスチュア

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

奥泉光氏推薦!「楽曲分析」の入門書。
とりわけ「音楽形式」に関する分析について、最も基礎的な段階から考える。
ファンダメンタル(原理的)な次元で考えるので、様々な音楽に応用できる。
また、「ソナタ形式」「自由なソナタ形式」…などと現象を細分化するのではなく、差異よりも共通点を足がかりに分析しているので、分かりやすい。
クラシック音楽を対象として、その「形式」に特化した分析を扱うけれども、随所でより大きな分析の世界を提示する。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ファンダメンタルな楽曲分析入門
  • ファンダメンタルな楽曲分析入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中