ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ローラ・ブッシュ自伝 脚光の舞台裏

  • ローラ・ブッシュ自伝 脚光の舞台裏

ローラ・ブッシュ自伝 脚光の舞台裏

  • ローラ・ブッシュ/著 村井理子/訳 ブッシュ,ローラ(Bush,Laura Lane Welch)
    1946年、テキサス州ミッドランド生まれ。大学卒業後、ダラス、ヒューストン、オースティンで小学校教員、図書館司書として働く。77年、ジョージ・ウォーカー・ブッシュと結婚。81年に双子の娘ジェナとバーバラをもうける。2001年から8年間、アメリカ合衆国のファーストレディとしてホワイトハウスに暮らす。ナショナル・ブックフェスティバル創設、世界の識字率向上やアフガニスタンの女性支援など、その活動は多岐にわたる

  • ページ数
    500p
  • ISBN
    978-4-12-004702-2
  • 発売日
    2015年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 物静かな少女が世界をリードする立場となるまで――夫を支え稀有の人気を博したファーストレディが赤裸々に語る全米ベストセラー。(「近刊情報」より)
目次
窓ガラスの向こう側
夢と、ほこりと
身軽な旅
ホワイトハウスの百三十二部屋
テロリズムとこの世界の良心
グランママ・ローラと呼ばれて
私が再び訪れる場所
プレイリー・チャペルの朝

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

飾り気のない人柄で稀有の人気を博したファーストレディが職務に対する高い意識と主婦の目線でホワイトハウスの「日常」を明らかにする―。臨場感たっぷりに描かれるのは熾烈な選挙戦や9・11当日の緊迫など政権の舞台裏。そして、読書好きの物静かな少女を育んだ故郷テキサス州の風土、高校時代に自ら招いた痛ましい事故のこと…。心に秘めた感情をも果敢につづって熱い支持を集めた全米ベストセラー。

ページの先頭へ

閉じる

  • ローラ・ブッシュ自伝 脚光の舞台裏
  • ローラ・ブッシュ自伝 脚光の舞台裏

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中