ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • この広い世界にふたりぼっち

  • この広い世界にふたりぼっち

この広い世界にふたりぼっち

  • 葉村哲/著 葉村 哲(ハムラ テツ)
    広島県在住。『この広い世界にふたりぼっち』で第4回MF文庫Jライトノベル新人賞「佳作」を受賞し、デビュー

  • シリーズ名
    MF文庫J は-06-01
  • ページ数
    261p
  • ISBN
    978-4-8401-2400-3
  • 発売日
    2008年08月

580 (税込:626

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 森と街の狭間を私は歩いていた。アスファルトの上に、私の小さな影、頼りない街灯が道を照らす。新月の晩。静かだった。その静けさを乱すこと無く、影のような足取りで、狼が現れた。白い狼。低く静かな声で狼は―話した。「私と結婚してもらえないだろうか」。肌寒い冬のある日、真っ白な狼に突然、求婚された少女・塚木咲希。孤独をうちに抱えた二人が出会ったとき、現実世界に“神話”が侵食しはじめる。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • この広い世界にふたりぼっち
  • この広い世界にふたりぼっち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中