ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • インターネットの自由と不自由 ルールの視点から読み解く

  • インターネットの自由と不自由 ルールの視点から読み解く

インターネットの自由と不自由 ルールの視点から読み解く

  • 庄司克宏/編 佐藤真紀/〔ほか〕著 庄司 克宏
    慶應義塾大学大学院法務研究科教授/ジャン・モネ・チェア、EU法/EU政策論

    佐藤 真紀
    慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師、電気通信事業法/競争法/EU法

    東 史彦
    ジャン・モネEU研究センター(慶應義塾大学)主任研究員、EU法/国際法/憲法

    宮下 紘
    中央大学総合政策学部准教授/慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師、憲法/情報法

    市川 芳治
    慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師、競争法/メディア政策/EU法

  • ページ数
    176p
  • ISBN
    978-4-589-03857-9
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,900 (税込:3,132

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 従来の人権規定や刑法、競争法(独占禁止法)や消費者保護法でネットの濫用や悪用に対応できるのか?ネット社会のこれからを考察。
目次
01 インターネットの自由が危ない?
02 ネット・ショッピングのトラブルは誰の責任か?
03 個人情報は世界中どこでも保護されるか?
04 個人情報保護は基本的人権か?
05 忘れられる権利と表現の自由はどちらが上か?
06 個人情報保護か?テロ対策の監視か?
07 EUの個人情報保護法は日本にまで及ぶか?
08 個人データはネット時代の「通貨」か?
09 人工知能のカルテルは罪になるか?
10 ビッグデータを活用した競争は「卑怯」か?

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

従来の人権規定や刑法、競争法(独占禁止法)や消費者保護法だけでネットの濫用や悪用に対応できるのか? プライバシーや個人データを保護するためにどのような限界設定をなしうるか/なすべきか、日・米・欧の比較を通して考察する。

◎ 問いから始める平易な叙述で、「情報のビジネス化」とも言うべき現代社会の基本的特徴をつかむ。
◎ インターネット・ガバナンス、電子商取引、個人データ保護、デジタル経済における競争法などについての最先端の議論も紹介。

【目次】
はじめに
01 インターネットの自由が危ない?
02 ネット・ショッピングのトラブルは誰の責任か?
03 個人情報は世界中どこでも保護されるか?
04 個人情報保護は基本的人権か?
05 忘れられる権利と表現の自由はどちらが上か?
06 個人情報保護か? テロ対策の監視か?
07 EUの個人情報保護法は日本にまで及ぶか?
08 個人データはネット時代の「通貨」か?
09 人工知能のカルテルは罪になるか?
10 ビッグデータを活用した競争は「卑怯」か?
索 引
編者・執筆者紹介

ページの先頭へ

閉じる

  • インターネットの自由と不自由 ルールの視点から読み解く
  • インターネットの自由と不自由 ルールの視点から読み解く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中