ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 北海道で生きるということ 過去・現在・未来

  • 北海道で生きるということ 過去・現在・未来

北海道で生きるということ 過去・現在・未来

  • 清末愛砂/編 松本ますみ/編 清末 愛砂
    室蘭工業大学大学院工学研究科准教授。大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程単位修得退学。大阪大学大学院助手、同助教、島根大学講師を経て、2011年より現職

    松本 ますみ
    室蘭工業大学大学院工学研究科教授。新潟大学大学院現代社会文化研究科博士課程修了、博士(学術)。敬和学園大学教授等を経て、2014年より現職

  • ページ数
    141p
  • ISBN
    978-4-589-03815-9
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1部 現在の問題から考えてみましょう(奨学金問題:若者に生存権はあるのか
学生生活とアルバイト
室蘭と安保法制:平和的生存権のゆくえ)
第2部 過去にさかのぼってみましょう(植民地主義の原型としての北海道
祖父母のライフヒストリーから見る北海道の歴史)
第3部 わたしたちの未来はどうなるの?(戦争の文化から平和の文化へ
根釧原野から切り拓く平和の未来)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 北海道で生きるということ 過去・現在・未来
  • 北海道で生きるということ 過去・現在・未来

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中