ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 質的調査の方法 都市・文化・メディアの感じ方

  • 質的調査の方法 都市・文化・メディアの感じ方

ポイント倍率

質的調査の方法 都市・文化・メディアの感じ方

  • 工藤保則/編 寺岡伸悟/編 宮垣元/編 寺岡 伸悟
    1964年生。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了/博士(文学)。奈良女子大学文学部教授

    工藤 保則
    1967年生。甲南大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学/博士(社会学)。龍谷大学社会学部教授

    宮垣 元
    1970年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士後期課程修了/博士(政策・メディア)。慶應義塾大学総合政策学部教授

  • ページ数
    186p
  • ISBN
    978-4-589-03805-0
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1部 質的調査への入り方(質的調査へのいざない―すぐ近くにある調査の扉を開けてみよう
質的調査の歴史と考え方―「調べること」のおもしろさを深めよう
質的調査の特徴・魅力・難しさ―調査をはじめる前に)
第2部 質的調査の進め方(観察法―まず「日常」を記録しよう
参与観察法―「バイク便ライダー」の世界をどのように知るか?
インタビュー法―「エンコー」から何がみえるか?
ライフストーリー法―いかに「具体的な人間」を描くことができるのか?
雑誌分析法―ファション誌は何を伝えているのか?
文化資料分析法―「歌詞」から社会をみわたせるか?
映像分析法―「アニメ」のどこをどう読むか?
生活財生態学法―アートと日記をフィールドワークする
アクションリサーチ法―誰でもメディアになれる?)
第3部 質的調査のまとめ方(質的調査と調査倫理―社会的行為としての社会調査
質的調査の表現とふりかえり―調査の「終わり方」の重要性)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
版数 第2版

ページの先頭へ

閉じる

  • 質的調査の方法 都市・文化・メディアの感じ方
  • 質的調査の方法 都市・文化・メディアの感じ方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中