ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 憲法「改正」の論点 憲法原理から問い直す

  • 憲法「改正」の論点 憲法原理から問い直す

憲法「改正」の論点 憲法原理から問い直す

  • ページ数
    169p
  • ISBN
    978-4-589-03558-5
  • 発売日
    2014年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,900 (税込:2,052

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 安倍政権は特定秘密保護法や集団的自衛権の行使解禁によって、この国をどこへ導こうとしているのか。「人類普遍の原理」に立つ国から「天皇を戴く国家」へ。自民党憲法改正草案にしかけられた恐るべき日本国のかたちが鮮明に浮かび上がる。
目次
第1部 いまなぜ改憲か?(自民改憲草案は、憲法をどうしようとしているのか?
現在の改憲の動きの特徴は?
改憲手続の緩和は、何が問題か?)
第2部 改憲論の焦点(平和主義(日本は、平和主義を捨て去るのか?
「自衛隊」から「国防軍」に名称を変えるだけ?
集団的自衛権は日本を平和にするか?)
基本的人権(改憲論は、人権をどうしようとしているのか?
国が宗教と結びつくことは何を意味するか?
国民は、デモを行う自由まで奪われるのか?
家族の「助け合い」を憲法に定めることの意味
自民改憲草案で生存権はどうなるのか?
「国の未来を切り拓く」教育とは、どういうことか?)
統治機構(首相の権限強化や一院制導入で、政治は良くなるのか?
改憲案で選挙制度・政党はどう変わるか?
国と地方自治の関係は、どうなるのか?
天皇を元首と明記すると、この国はどう変わるのか?))
第3部 改憲問題と主権者の選択(改憲問題と日本の進路)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 憲法「改正」の論点 憲法原理から問い直す
  • 憲法「改正」の論点 憲法原理から問い直す

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中