ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 港町のかたち その形成と変容

  • 港町のかたち その形成と変容

港町のかたち その形成と変容

  • 岡本哲志/著 岡本 哲志
    1952年東京都中野区生まれ。法政大学工学部建築学科卒業。法政大学サステイナビリティ研究教育機構リサーチ・アドミニストレーターA、博士(工学)、法政大学大学院エコ地域デザイン研究所兼担研究員、岡本哲志都市建築研究所代表。国内外の都市と水辺空間の調査・研究に長年携わる。港町の本格的な調査・研究は、1997年から行い、すでに国内の60近くの港町を調査してきた。日本の港町研究会代表、日本建築学会会員、日本都市計画学会会員。専門は都市形成史、都市論

  • シリーズ名
    水と〈まち〉の物語
  • ページ数
    260p
  • ISBN
    978-4-588-78001-1
  • 発売日
    2010年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,900 (税込:3,132

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • "北海道から日本海・瀬戸内・九州まで、庄内の川港から横浜・神戸の貿易港まで、全国各地の港町をたずね、古代・中世から近代にいたる形成と変容の過程を、水位や地形の変化、時代の要請による改変をも視野に入れて復元する。それぞれの港町の魅力を甦らせ、その独自性と共通性を明らかにした本書は、水辺都市の再生に向けた実証的な研究書であるとともに、港町めぐりの好個のガイドブックでもある。〔都市史・都市論〕"
目次
1 舟運ネットワークと近世港町―序論として
2 古代港町のかたちを求めて
3 古代から中世への変化
4 中世から近世への変化
5 近世の港町のかたち
6 近代港町の変容プロセス

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 港町のかたち その形成と変容
  • 港町のかたち その形成と変容

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中