ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 虜囚 一六〇〇~一八五〇年のイギリス、帝国、そして世界

  • 虜囚 一六〇〇~一八五〇年のイギリス、帝国、そして世界

虜囚 一六〇〇~一八五〇年のイギリス、帝国、そして世界

  • リンダ・コリー/著 中村裕子/訳 土平紀子/訳 コリー,リンダ(Colley,Linda)
    1949‐。イギリス出身の歴史家。専門は1700年以降のイギリス史。ブリストル大学を卒業後、ケンブリッジ大学で博士号を取得。同大学クライスツ・カレッジのフェローをつとめた後、イェール大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを経て、現在はプリンストン大学教授。前作Britons:Forging the Nation 1707‐1837(1992)でウルフソン賞を受賞

    中村 裕子
    1965年生。神戸大学文化学研究科博士課程単位取得退学。神戸大学非常勤講師。18世紀イギリス文学専攻

    土平 紀子
    1958年生。神戸大学文化学研究科博士課程単位取得退学。神戸大学非常勤講師。18世紀イギリス文学専攻

  • ページ数
    505,57p
  • ISBN
    978-4-588-37125-7
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,800 (税込:8,424

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あらゆる価値が転倒する異国の地で、敵の手中に落ちた無名のガリヴァーあるいはロビンソン・クルーソーたちの目に、世界はどのように映ったのか。大英帝国の版図をめぐる争いのさなか記された虜囚体験記に光をあてるもうひとつのイギリス史。
目次
第1部 地中海―虜囚と拘束(タンジール
イスラム勢力と海
物語を語る
イスラムとの出会い)
第2部 アメリカ―虜囚と困惑(さまざまなアメリカ人、さまざまなイギリス人
戦争と新世界
革命)
第3部 インド―虜囚と征服(インドへのもう一つの道
虎と剣
制服姿の虜囚たち
アフガニスタンへ、そしてその先へ)

商品詳細情報

サイズ 22cm
原題 原タイトル:Captives
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 虜囚 一六〇〇~一八五〇年のイギリス、帝国、そして世界
  • 虜囚 一六〇〇~一八五〇年のイギリス、帝国、そして世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中