ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 犯罪・捜査・メディア 19世紀フランスの治安と文化

  • 犯罪・捜査・メディア 19世紀フランスの治安と文化

犯罪・捜査・メディア 19世紀フランスの治安と文化

  • ドミニク・カリファ/〔著〕 梅澤礼/訳 カリファ,ドミニク(Kalifa,Dominique)
    1957年生まれ。1994年、ミシェル・ペローの指導のもとパリ第7大学修了。レンヌ第2大学准教授、教授を経て、2002年、アラン・コルバンの後任としてパリ第1大学教授に就任。2015年にはアンスティチュ・ユニヴェルシテール・ド・フランス会員に任命される。近代の犯罪と大衆文化が専門

    梅澤 礼
    1979年生まれ。上智大学卒業後、ベルギー政府給付生、フランス政府給付生として留学したのち、2012年、パリ第1大学博士課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て、現在立命館大学嘱託講師。専門は近代の文学と犯罪学

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 1049
  • ページ数
    296,52p
  • ISBN
    978-4-588-01049-1
  • 発売日
    2016年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 秩序をおびやかす犯罪者たち、公権力を担う警察・司法組織、そして両者の近代的イメージを創り出した大量発行の新聞・出版ジャーナリズムは、民主主義社会の治安の危機をいかに映し出してきたか。犯罪文化史研究の第一人者が、連載小説や三面記事、警察官の回顧録などの膨大な資料をもとに、犯罪や監獄に関わる文学的表象や、“社会防衛”の言説史を多面的に分析した新しい社会史。
目次
第1部 犯罪(犯行現場―パリのトポグラフィーと社会的イマジネール
「アパシズム」の考古学―一九世紀の野蛮人とアメリカ・インディアン
「危険階級」の終焉?―『ファントマ』シリーズにおける労働者と犯罪者
夜襲という恐怖)
第2部 捜査(警察官の回想録―ひとつのジャンルの出現?
捜査官ジャヴェール
二〇世紀初頭の「危険性」と「社会防衛」
処罰の危機?)
第3部 メディア(一九世紀における三面記事と犯罪小説
監獄の光景
戦時中の三面記事(一八七〇‐一九一四)
一九一四年から一九一八年にかけて―連載小説の終焉?)

商品詳細情報

サイズ 20cm
原題 原タイトル:CRIME ET CULTURE AU ⅩⅨe SIECLE
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 犯罪・捜査・メディア 19世紀フランスの治安と文化
  • 犯罪・捜査・メディア 19世紀フランスの治安と文化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中