ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 狼男の言語標本 埋葬語法の精神分析

  • 狼男の言語標本 埋葬語法の精神分析

狼男の言語標本 埋葬語法の精神分析

  • ニコラ・アブラハム/著 マリア・トローク/著 港道隆/訳 森茂起/訳 前田悠希/訳 宮川貴美子/訳 アブラハム,ニコラ(Abraham,Nicolas)
    1919年ハンガリー、ケチケメットに生まれる。ユダヤ人差別政策下のハンガリーを逃れてフランスに移住。パリ大学で哲学と美学を学ぶ。美学研究などの傍ら精神分析を受け、1959年に精神分析家となる。フッサールとフロイトの橋渡しを試みる。正統フロイト派とラカン派のいずれからも独立する立場を保ち、トロークと共同しながら、『狼男の言語標本』および『表皮と核』にまとめられた独創的な研究を発表。息子の分析への疑義から国際精神分析協会から正会員登録を拒否された。ハンガリーの分析家、シャーンドル・フェレンツィ、イムレ・ヘルマンの仕事をフランスに紹介した仕事でも知られる。1975年パリで死去

    トローク,マリア(Torok,Maria)
    1925年ブダペストに生まれる。ユダヤ人差別法の下で学業を続け、ナチスによる占領を生き延びたのち、1947年にパリに移住。はじめ自然科学を志すが、1952年から教育心理学に転じ、ロールシャッハテストの研究、幼児教育分野での心理療法などを経て、精神分析家となった。1950年代後半以後は、多くの仕事がアブラハムとの共同で行われた。アブラハムが経験した分析協会との確執から、制度的精神分析からは距離を取り続けた。1990年にニコラス・ランドと結婚してアメリカに移住。1998年ニューヨークで死去

    港道 隆(ミナトミチ タカシ)
    1953年生まれ。パリ第一大学哲学史科博士課程修了。哲学専攻。現在甲南大学文学部教授

    森 茂起(モリ シゲユキ)
    1955年生まれ。京都大学教育学部大学院博士課程修了。博士(教育学)。臨床心理学専攻。現在甲南大学文学部教授

    前田 悠希(マエダ ユキ)
    1977年生まれ。甲南大学大学院・人文科学研究科修士課程修了。人間科学(心理臨床)専攻。臨床心理士

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 850
  • ページ数
    301p
  • ISBN
    978-4-588-00850-4
  • 発売日
    2006年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,300 (税込:3,564

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フロイトの精神分析に「裂け目」をもたらした「狼男」の症例を解釈し直した革命的作品。狼男の心的世界,自我の「地下埋葬室」に隠された「タブー語」を読み解く。
目次
狼男との5年
第1部 魔法の言葉―体内化、内的ヒステリー、埋葬語法
第2部 狼の悪夢―夢、言い違い、恐怖症の精神分析への寄与
第3部 悪夢の回帰…―埋葬室の永続性
第4部 語が語る話の数々―あるいは韻と“物”
FORS―ジャック・デリダ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Cryptonymie
対象年齢 一般

商品のおすすめ

フロイトの成功しなかった分析として知られる「狼男」の症例を解釈し直す革命的作品。狼男の心的世界をその言語の特殊性から読み解く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 狼男の言語標本 埋葬語法の精神分析
  • 狼男の言語標本 埋葬語法の精神分析

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中