ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 相思華 葉は華を思い、華は葉を思う

  • 相思華 葉は華を思い、華は葉を思う

相思華 葉は華を思い、華は葉を思う

  • シリーズ名
    Honey Novel
  • ページ数
    264p
  • ISBN
    978-4-576-17151-7
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

686 (税込:741

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 銀麗は緊張で気絶してしまう極度の人見知り。合奏が縁で皇子に輿入れするも、幼い日に謎の青年と交わした約束が心を占めていて…。
    (「近刊情報」より)
  • ※発売日が変更になりました
    10月10日→10月13日

    ※価格が変更になりました
    販売価格 676円(税込:730円)→販売価格 686円(税込:741円)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

銀麗は緊張すると気絶してしまう極度の人見知り。白鳥と黒鳥相手に琵琶を奏でる毎日だが、ある合奏が縁で瑛景皇子に輿入れすることに。夫と目も合わせられず、ときに明かりを消し、ときに目隠しをして妻の役割を果たす銀麗。そして心には幼き日に約束を交わした謎の青年が。私を愛さなくても、他も愛さないのであればそちらのほうがいい―瑛景の愛執を一身に受け、戸惑いは愛情に変わっていくが…。

ページの先頭へ

閉じる

  • 相思華 葉は華を思い、華は葉を思う
  • 相思華 葉は華を思い、華は葉を思う

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中