ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • トランプ時代のアメリカを歩く

  • トランプ時代のアメリカを歩く

ポイント倍率

トランプ時代のアメリカを歩く

  • ページ数
    175p
  • ISBN
    978-4-476-03368-7
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

926 (税込:1,000

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 米国のもつ民主主義の力が、今まさに問われている。―大統領選挙を現地で取材した記者が、トランプ大統領就任から四カ月後、再びアメリカへ。米国を東西南北の端から端へと移動し、米政治を動かす民意の底流を探った。「聖教新聞」に掲載された連載記事と、国内外の識者へのインタビュー記事を収録。
目次
第1章 トランプ時代のアメリカを歩く(メキシコ国境の壁
混乱を生んだ入国禁止令
ラストベルトの支持者 ほか)
第2章 アメリカ大統領選挙をめぐって(カーリン・ボウマン アメリカン・エンタープライズ政策研究所上級研究員―二〇一六年の米大統領選挙を前に
特派員リポート「トランプ現象」で接戦を制す
ケント・カルダー ジョンズ・ホプキンス大学ライシャワー東アジア研究所長―アメリカ大統領選挙を分析する1 ほか)
第3章 トランプ時代を読み解く(渡辺靖 慶應義塾大学SFC教授―トランプ時代のアメリカを読む
会田弘継 青山学院大学教授―トランプ米大統領の就任演説を聞いて
宮城大蔵 上智大学教授―日米関係を展望する ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「パックス・アメリカーナ」の終わりの始まりなのか?──。
2016年11月8日、アメリカ大統領選の投開票日、記者は民主党陣営の会場で、初の女性大統領誕生の報を待っていた。
──予想を覆すトランプ氏の当選に、呆然として帰国してから半年後、なぜ“まさかの結果”が起きたのかを探るため、再び米国取材を敢行。
7都市を訪問し、激動するアメリカ社会の現状と、民意の底流をレポートした。
フランシス・フクヤマ博士へのインタビューや、日米の識者による分析、今後の展望も充実。
「聖教新聞」紙上に連載され、好評を博した特集企画の書籍化。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • トランプ時代のアメリカを歩く
  • トランプ時代のアメリカを歩く

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中