ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 心の病とレジリエンス 生きる力を強める仏教

  • 心の病とレジリエンス 生きる力を強める仏教

心の病とレジリエンス 生きる力を強める仏教

  • 川田洋一/著 山口力/著 梅松明/著 川田 洋一
    1937年、香川県生まれ。京都大学医学部卒。医学博士。東洋哲学研究所所長

    山口 力
    1964年、愛知県生まれ。愛知医科大学医学部卒。同大学病院勤務を経て、せとぐち心療内科クリニック院長。東洋哲学研究所委嘱研究員

    梅 松明()
    1962年、マレーシア生まれ。イギリス・ロンドン大学医学部卒。医学博士。哲学博士。英国で医師の経験を積み、マラヤ大学医学部教授、副学部長を務める。マラヤ大学付属病院小児科医。東洋哲学研究所海外研究員

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-476-03362-5
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いま求められる「レジリエンス(回復力)」を高める生き方―心理学と仏教の視点から、苦境をも「幸福のエネルギー」に転換する生き方に迫る。病気によって絶望の淵に沈む人がいる一方で、病を契機に人格を鍛え、人間的な成長を果たす人がいる。両者を分かつ要件とは何か―。
目次
第1章 現代日本における心の病(心身症としての心の病
パニック症、社交不安症、心的外傷後ストレス障害 ほか)
第2章 「心」と「体」の相互作用―健康増進への「生物心理社会的アプローチ」(はじめに
「心」と「体」をどう定義づけるか ほか)
第3章 菩薩道と二十一世紀の心理学(持続的幸福(ウェルビーイング)を求めて
レジリエンスとPTG(心的外傷後成長) ほか)
第4章 “座談会”心の病と仏教(ストレスに強い人の特徴とは
レジリエンスと脳科学 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

いま求められる「レジリエンス(回復力)」を高める生き方──心理学と仏教の視点から、
苦境をも「幸福のエネルギー」に転換する生き方に、日本とマレーシアの医師らが迫る。
病気によって絶望の淵に沈む人がいる一方で、病を契機に人格を鍛え、人間的な成長を果たす人がいる。
その両者を分かつ要件とは何かを探ります。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 心の病とレジリエンス 生きる力を強める仏教
  • 心の病とレジリエンス 生きる力を強める仏教

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中