ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 激情回路 人はなぜ「キレる」のか
  • 激情回路 人はなぜ「キレる」のか

  • 激情回路 人はなぜ「キレる」のか
  • 激情回路 人はなぜ「キレる」のか

ポイント倍率

激情回路 人はなぜ「キレる」のか

  • R・ダグラス・フィールズ/著 米津篤八/訳 杉田真/訳 フィールズ,R.ダグラス(Fields,R.Douglas)
    Ph.D。神経科学者。脳の発達、ニューロン‐グリア相互作用、記憶の細胞メカニズムに関する世界的権威。メリーランド州ベセスダの国立衛生研究所(NIH)主任研究員。1994年に国立小児保健・人間発達研究所(NICHD)の神経細胞学・生理学ユニット長、2001年にNICHDの神経系発達・可塑性セクション長に就任。学術誌『Neuron Glia Biology』編集長、および神経科学分野の学術誌数誌の編集委員を務めている。メリーランド州シルバースプリング在住

    米津 篤八
    英語・朝鮮語翻訳家。早稲田大学政治経済学部卒。朝日新聞社勤務を経て、ソウル大学大学院国史学科修了

    杉田 真
    日本大学通信教育部文理学部文学専攻(英文学)卒。現在、書籍などの翻訳に携わる

  • ページ数
    456p
  • ISBN
    978-4-393-36548-9
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,900 (税込:3,132

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 穏やかな人が、突然キレて、暴力行為に及ぶことは珍しくない。導火線に火がついたら最後、私たちの脳にある「殺し」のプログラムが作動するのだ。人間が我を忘れるのは、どのような状況においてだろうか。それは、ピンチにおいて「火事場の馬鹿力」になりうるか。常識では説明のつかない行動の意味を、スリリングに解きあかす。
目次
第1部 激情反応(突発的な暴力
激情の神経回路
トリガーは何か? ほか)
第2部 警戒警報(正しいことをすばやくやる
脅威の風味
英雄と臆病者 ほか)
第3部 調和の道(セックス、そして愛
争いに満ちた世界
回路を超えて)

商品詳細情報

サイズ 19cm
原題 原タイトル:WHY WE SNAP
対象年齢 一般

商品のおすすめ

私たちの脳には暴力を引き起こすプログラムが組み込まれている。犯罪歴や病気を持たない人が突然キレるのも、脳の回路のせいなのだ。
神経科学の世界的権威が、「9つの引き金(トリガー)」を手がかりに、激情のしくみを解説。なぜ自制がきかないのか。火事場の馬鹿力など、身を守るための突発的行動との違いは。
冷静沈着なシールズ部隊、怒りにふりまわされない宗教家など、さまざまな人々の事例と、最新の脳科学の研究成果をもとに、その謎に迫る。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中