ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脳は嘘をつく、心は嘘がつけない 脳と心のミステリー
  • 脳は嘘をつく、心は嘘がつけない 脳と心のミステリー

  • 脳は嘘をつく、心は嘘がつけない 脳と心のミステリー
  • 脳は嘘をつく、心は嘘がつけない 脳と心のミステリー

脳は嘘をつく、心は嘘がつけない 脳と心のミステリー

  • 高田明和/著 高田 明和
    1935年、静岡県生まれ。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了。医学博士。米国ロズエル・パーク記念研究所、ニューヨーク州立大学助教授、浜松医科大学教授を歴任後、現在、同大学名誉教授。専門は血液学、生理学、大脳生理学。日本生理学会、日本血液学会

  • ページ数
    241p
  • ISBN
    978-4-393-36064-4
  • 発売日
    2017年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 心はどこにあるか。脳イコール心か、別ものか。古今東西最大の謎にして、日常でも経験する脳と心の不思議な関係をベテラン脳科学医がわかりやすく解きほぐします。
目次
はじめにプロローグ 心はごまかせない第1話 脳と心の不思議な関係第2話 心はどのように捉えられてきたか第3話 気配と雰囲気、他者の感覚第4話 快感と嫌悪を感ずる仕組み第5話 脳の発見 ――古代人が考えていたこと第6話 脳の働き ――デカルトの二元論第7話 心は前頭葉にあるのか第8話 瞑想時の脳第9話 一人の自分と何人かの自分第10話 左脳と右脳に宿る心第11話 イリュージョンの罠 ――脳内で生じていること第12話 記憶の中の私第13話 心の病は薬で治るか第14話 無意識下の私第15話 眠っているのは誰?第16話 体そのものが処方箋 ――心と体の不思議第17話 人工知能と文化の飛躍エピローグ 生と死、心のありか

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

心はどこにあるか。脳イコール心か、別物か? 有史以来最大の謎、脳と心のミステリアスな関係をベテラン脳科学医がわかりやすく説くポピュラー・サイエンスの最前線。「すべては脳の働きによる」と信じている唯脳論者に待ったをかける驚きの諸現象。理屈では割り切れない心のありようと脳のメカニズムを人間関係から自己観察まで多彩な事例に即して語る。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中