ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 〈実践〉インテグラル・ライフ 自己成長の設計図

  • 〈実践〉インテグラル・ライフ 自己成長の設計図

〈実践〉インテグラル・ライフ 自己成長の設計図

  • ケン・ウィルバー/著 テリー・パッテン/著 アダム・レナード/著 マーコ・モレリ/著 鈴木規夫/訳 ウィルバー,ケン(Wilber,Ken);心理学・科学・哲学・宗教の諸伝統の真実を包含する「万物の理論」としてのインテグラル理論の開発者。科学と社会の諸問題を研究するためのシンクタンクであるインテグラル研究所の創設者でもあり、インテグラル研究所には、Integral Naked、Integral Education Network、Integral Spiritual Centerなどの姉妹機関があり、インターネットを通して教育活動を展開している; ;パッテン,テリー(Patten,Terry);これまで30年以上に及び実践の道を歩みつづけている。ケン・ウィルバーとともにインテグラル・ライフ・プラクティス開発の重要メンバーとして、一連の作業に参加してきた。意識変容の諸技法を目録として編纂したTools for Explorationの発起人であり、また統括者である。これまでに四冊の書籍を執筆している。カリフォルニア州サン・ラファエル在住。現在、コーチとして、コンサルタントとして、執筆家として、企業家として、環境活動家として活躍している; ;レナード,アダム(Leonard,Adam);教育者であり、ビジネス・コンサルタントであり、執筆家であり、企業家であり、冒険家であり、そしてILPの実践者である。ジョージタウン大学で合衆国省庁の海外勤務員としての訓練を受けた後、大学院でインテグラル・コミュニケーションの先駆的な開発に従事した。インテグラル・アプローチを個人・チーム・組織の開発に適用することを専門としている。これまで多くの教育施設においてILPの実践コミュニティを指導している; ;モレリ,マーコ(Morelli,Marco);研究者であり、執筆家であり、詩人である。Integral Nakedをはじめとして、インテグラル研究所の重要な企画の創設者のひとりである。ケン・ウィルバーのThe Integral Vision(Shambhala、2007)のクリエイティヴ・ディレクター; ;鈴木 規夫;1972年東京生まれ。2004年California Institute of Integral Studies(CIIS)でPh.D.を取得(East‐West Psychology)。現在、インテグラル・ジャパン株式会社の代表取締役として、ケン・ウィルバーのインテグラル理

  • ページ数
    507p
  • ISBN
    978-4-393-36053-8
  • 発売日
    2010年05月

4,200 (税込:4,536

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 身心の健康・円満な人間関係・明晰な頭脳・霊的覚醒を獲得するための統合的な実践プログラム。(心理図書総目録より)
目次
1 なぜ実践をするのか?
2 インテグラル・ライフ・プラクティスとは?
3 統合的な意識を体感する
4 シャドー・モジュール
5 マインド・モジュール
6 ボディ・モジュール
7 スピリット・モジュール
8 統合的倫理
9 生きるとは実践そのもの―人間関係、仕事、育児、創造的活動、その他の付属モジュール
10 実践生活をナビゲイトする

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:INTEGRAL LIFE PRACTICE
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 〈実践〉インテグラル・ライフ 自己成長の設計図
  • 〈実践〉インテグラル・ライフ 自己成長の設計図

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中