ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 碧巌の海

  • 碧巌の海

碧巌の海

  • 木村太邦/著 木村 太邦
    昭和15年、東京生まれ。昭和38年、早稲田大学法学部卒。同年、商社に入社、10年間の営業生活を送る。昭和44年、真人会(秋月龍〓(みん)先生主宰)入会。昭和48年、山田無文老師について得度。同年、祥福僧堂に掛搭。無文老師、河野太通老師に参じる。平成7年、祥龍寺入山。平成16年、祥福寺入山。祥福僧堂師家、ならびに祥福寺住職

  • ページ数
    256p
  • ISBN
    978-4-393-14429-9
  • 発売日
    2017年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 禅の代表的な語録『碧巌録』の提唱を通して禅の生き方を豊かに語る。
目次
銀椀裏に雪を盛る―第一三則「巴陵銀椀裏」
雲門禅師の対一説―第一四則「雲門対一説」
雲門禅師の倒一説―第一五則「雲門倒一説」
天下の大道を行く―第一六則「鏡清草裏漢」
坐久成労―第一七則「香林西来意」
無縫塔を作れ―第一八則「粛宗請塔様」
一花開いて世界起こる―第一九則「倶胝指頭禅」
遠山限りなく碧層層―第二〇則「龍牙西来意」
蓮花か荷葉か―第二一則「智門蓮花荷葉」
脚下を看よ―第二二則「雪峰鼈鼻蛇」
妙峰頂に上る―第二三則「保福妙峰頂」
〓(い)山身を放って臥す―第二四則「劉鉄磨台山」
機、位を離れざれば―第二五則「蓮華庵主不住」

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 碧巌の海
  • 碧巌の海

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中