ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 道元禅師研究における諸問題 近代の宗学論争を中心として

  • 道元禅師研究における諸問題 近代の宗学論争を中心として

道元禅師研究における諸問題 近代の宗学論争を中心として

  • ページ数
    368p
  • ISBN
    978-4-393-11343-1
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

6,500 (税込:7,020

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 道元研究の第一人者による、約二十年にわたる本覚思想や十二巻本『正法眼蔵』をめぐる宗学論争の総括と、新進気鋭の研究者による、これまでの常識を覆す新たな研究の試み六篇を収録。
目次
第1部 近代の宗学論争(本覚思想をめぐって
思想的変化をめぐって
十二巻本『正法眼蔵』をめぐって
坐禅をめぐって
入宋遍歴をめぐって
宗学論をめぐって)
第2部 道元禅師研究における諸問題(「『正法眼蔵』編輯論」再考―六十巻本『正法眼蔵』の位置づけについて
道元禅師における「懺悔・滅罪」考
「一箇半箇の接得」考
道元禅師の御真詠を守って
道元禅師と瑩山禅師の嗣法観―『伝光録』における代付説の受容と関連して
『正法眼蔵』再治の諸相―「大悟」巻の再治をめぐって)

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 道元禅師研究における諸問題 近代の宗学論争を中心として
  • 道元禅師研究における諸問題 近代の宗学論争を中心として

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中