ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 甲子園監督 7人の名将が語り合った理屈と本音 知将の焦り。闘将の情け。

  • 甲子園監督 7人の名将が語り合った理屈と本音 知将の焦り。闘将の情け。

甲子園監督 7人の名将が語り合った理屈と本音 知将の焦り。闘将の情け。

  • 吉村淳/編 吉村 淳
    フリーランス・ライター。1962年長野県生まれ。明治大学文学部日本文学科卒業後、広告制作プロダクションにコピーライターとして入社。主に車、楽器の広告、カタログ、リーフレット、SPメディアなどのコピーを手がける。退社後フリーランスに。さまざまな業種の広告、カタログ、パンフレットなどのコピーライティング、またスポーツ、栄養、食事関係の雑誌、単行本などのプランニング、ディレクション、エディトリアルライティングを行っている

  • ページ数
    286p
  • ISBN
    978-4-262-16644-5
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「選手は三年、監督は一生」
    高校野球に関わり続ける人々の歓喜と苦悩とは。

    優勝経験をもつ監督は3名を含む、
    7人の名将たちが本音をぶつけあった座談会が一冊に!
    監督たちの本音から高校野球の本質を読み解く。

    【参加監督】
    小倉全由/日大三高監督 (全国優勝2回、準優勝2回、出場19回)
    今井義尚/元彦根東高監督(56年ぶり甲子園出場) 一歩を越える会代表
    吉田洸二/山梨学院監督 (全国優勝1回、準優勝2回、出場7回)
    大野康哉/今治西監督 (出場11回)
    林 和成/星稜監督 (出場3回、0-8から9回大逆転)
    半田真一/市立和歌山監督(出場3回)
    小針崇宏/作新学院監督 (2016年全国優勝、6年連続出場)
目次
Keyword 野球観
1回表 立ち上がり
1回裏 流れ
2回表 チーム作り
2回裏 エースと4番

Keyword 本音
3回表 保護者
3回裏 家族関係
4回表 審判
4回裏 学内業務

Keyword 選手
5回表 選手の将来
5回裏 スカウティング
6回表 人間教育
6回裏 データ

Keyword 科学と根性
7回表 故障
7回裏 食事
8回表 悩み
8回裏 失敗

Keyword 高校野球
9回表 高校生らしさ
9回裏 マネージャー
延長10回表 野球振興
延長10回裏 逆転

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「一歩を越える会」の集大成!
一歩を越える会とは、今井義尚・元彦根東野球部監督が音頭を取り、
滋賀県、京都府の監督とともに2014年から開催している高校野球の指導者研修会。
指導者としての力量や人間性を高め
「今の自分を一歩越える」機会になればという思いから、
甲子園常連校や優勝校の監督を中心に、
全国の心ある指導者に声をかけることで実現した。
この本は、一歩を越える会のメンバーによる座談会を一冊にまとめたもの。
名将たちが、自分の『一歩を越える』ための苦悩と叡智が満ち溢れている。

【メッセージ】
(はじめにより)
僕は、監督の考え方や本音から高校野球監督の人間像を引き出したいと思った。

野球留学、ピッチャーの投球数、炎天下での試合、女子マネージャー、
練習時間の長さなど、長い歴史を持つゆえにいろいろな歪みが顕在化し、
高校野球を取り巻く状況がもやもやした感じになっている中、
監督たちが何をどう考え、どんなアプローチを取っているかを知ることは、
野球指導者、選手の保護者、選手自身、そして高校野球ファンにとって
意味と興味があることだと思った。

本当はどうなの? そんなことってあるの? 実はビビっていませんでした?
迷いが生じたこともあるのでは? シンプルな疑問を監督ひとりずつに聞くのではなく、
甲子園出場経験のある監督7人に一堂に会してもらい、
対談形式にして意見をやりとりしながらテーマを広げていく。

こういう本は今までなかっただろう。

吉村淳

ページの先頭へ

閉じる

  • 甲子園監督 7人の名将が語り合った理屈と本音 知将の焦り。闘将の情け。
  • 甲子園監督 7人の名将が語り合った理屈と本音 知将の焦り。闘将の情け。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中