ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 羽生善治のやさしいこども将棋入門-勝つコツがわかる5つのテクニック (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

  • 羽生善治のやさしいこども将棋入門-勝つコツがわかる5つのテクニック (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

羽生善治のやさしいこども将棋入門-勝つコツがわかる5つのテクニック (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

  • 羽生善治/監修 小田切秀人/執筆 羽生 善治
    昭和45年9月27日、埼玉県所沢市の生まれ。昭和57年、関東奨励会に6級で入会。昭和60年12月、プロ四段に。平成元年、19歳で竜王獲得。これが初タイトルとなる。以降、数々のタイトルを獲得。平成8年には、前人未踏の七大タイトル(名人・竜王・棋聖・王位・王座・棋王・王将)全冠独占の快挙を成し遂げる。タイトル獲得は通算78期、棋戦優勝36回(ともに平成23年3月時点)。獲得している永世称号は、永世名人・永世棋聖・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世王将

    小田切 秀人
    昭和39年3月17日、東京都昭島市の生まれ。昭和52年秋、関東奨励会に6級で入会。昭和60年から後進の指導に専念し、平成18年、指導棋士五段。平成14年には東京都杉並区にて「こども将棋教室棋友館」を開講し、これまでに指導した子どもは1000人を超える

  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-262-10147-7
  • 発売日
    2011年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

950 (税込:1,026

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「羽生善治のみるみる強くなる」シリーズのこども版。将棋のルーツから遊び方まで、わかりやすく説明している。

    日本の伝統的なボードゲームといったら、将棋・囲碁が思い浮かぶでしょう。
    将棋は、駒の動かし方さえ分かればお子さんから親しめるゲームです。
    ただ「将棋って難しそう」という声も多方面から聞こえてきます。
    将棋は、コツさえつかめばグッと理解しやすいゲームです。
    本書では5つのコツを紹介しました。
    「進む」「取る」「成る」「詰める」「守る」を覚えて、将棋の醍醐味を味わってください。

目次
プロローグ 将棋というゲームを知る(将棋はどこからきたの?
必要な道具をそろえる
駒の種類と名前を覚える ほか)
第1章 駒のパワーと使い方を知る(将の編
大駒の編
前進の編 ほか)
第2章 強くなるための5カ条(進む
取る
成る ほか)
第3章 トレーニング問題で強くなる

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

著者コメント

監修者より
みなさんは将棋を知っていますか。
最近は家庭用ゲーム機やカードゲームが流行しているので、見たことがないという人もいるかと思います。
また、駒がたくさんあって、なんだかむずかしそう……と興味を持てなかった人もいるかもしれません。
しかし、将棋はたった8種類の駒の特徴を覚え、相手の国の王様を先につかまえれば勝ちになるシンプルなゲームです。
まずは気軽にチャレンジしてどんどん経験値を積み、将棋に慣れることが上達の第一歩になります。
強くなると自分と相手の駒の配置から、なにが1番よい手なのかを考えて指し手を決めていきます。
盤面の情報をもとに相手がなにを考えているかを洞察する力や、
かしこい戦いの考え方などを楽しみながら身につけることができるでしょう。
そうして将棋を指すことによって得られた物事の考え方を、
学校の勉強やそのほかの遊びに生かしていただければと思います。
本書は長年、子ども将棋教室を開いている指導棋士の小田切秀人五段が執筆しました。
豊富なノウハウと経験が詰まり、これまでにない構成の入門書になっています。
お子様はもちろん、お父さん、お母さんにもぜひ読んでいただき、ご家族で将棋を楽しんでください。
(棋士 羽生善治)

作り手の思い

監修者より
みなさんは将棋を知っていますか。
最近は家庭用ゲーム機やカードゲームが流行しているので、見たことがないという人もいるかと思います。
また、駒がたくさんあって、なんだかむずかしそう……と興味を持てなかった人もいるかもしれません。
しかし、将棋はたった8種類の駒の特徴を覚え、相手の国の王様を先につかまえれば勝ちになるシンプルなゲームです。
まずは気軽にチャレンジしてどんどん経験値を積み、将棋に慣れることが上達の第一歩になります。
強くなると自分と相手の駒の配置から、なにが1番よい手なのかを考えて指し手を決めていきます。
盤面の情報をもとに相手がなにを考えているかを洞察する力や、
かしこい戦いの考え方などを楽しみながら身につけることができるでしょう。
そうして将棋を指すことによって得られた物事の考え方を、
学校の勉強やそのほかの遊びに生かしていただければと思います。
本書は長年、子ども将棋教室を開いている指導棋士の小田切秀人五段が執筆しました。
豊富なノウハウと経験が詰まり、これまでにない構成の入門書になっています。
お子様はもちろん、お父さん、お母さんにもぜひ読んでいただき、ご家族で将棋を楽しんでください。
(棋士 羽生善治)

ページの先頭へ

閉じる

  • 羽生善治のやさしいこども将棋入門-勝つコツがわかる5つのテクニック (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)
  • 羽生善治のやさしいこども将棋入門-勝つコツがわかる5つのテクニック (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中