ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 復興亜細亜の諸問題・新亜細亜小論

  • 復興亜細亜の諸問題・新亜細亜小論

復興亜細亜の諸問題・新亜細亜小論

  • 大川周明/著 大川 周明
    1886年、山形県生まれ。1911年、東京帝国大学文科大学(印度哲学専攻)卒業。15年、亡命インド人ヘーラムバ・グプタと出会いインド独立運動に従事、この縁でタゴール、頭山満を識る。19年に満鉄に入社、同社の東亜経済調査局、満鉄調査部に勤務。同年、北一輝、満川亀太郎らと猶存社を結成する。20年に拓殖大学教授となり、最初の著書『宗教原理講話』を刊行。25年、北、満川、西田税、安岡正篤らと行地社を結成、多くの国家主義者を育てた

  • シリーズ名
    中公文庫 お47-3
  • ページ数
    446p
  • ISBN
    978-4-12-206250-4
  • 発売日
    2016年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • チベット、アフガン、トルコ、ペルシャ、イラク。第一次世界大戦後、西洋支配の桎梏から抜け出そうともがくアジア諸国の状勢を鋭く分析した「復興亜細亜の諸問題」。日米開戦前後にわたって綴った論考を収めた「新亜細亜小論」。東亜の論客はアジアに何を求めたのか。
目次
復興亜細亜の諸問題(革命ヨーロッパと復興アジア
チベット問題の由来及び帰趨
英仏俎上より脱出せんとする白象王国
革命行程のインド
アフガニスタン及びアフガン問題 ほか)
新亜細亜小論(国民の二つの願
帝国主義的南進論の克服
東南協同圏確立の原理
東亜協同体の意義
亜細亜の組織と統一 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 復興亜細亜の諸問題・新亜細亜小論
  • 復興亜細亜の諸問題・新亜細亜小論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中