ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 地方消滅 東京一極集中が招く人口急減
  • 地方消滅 東京一極集中が招く人口急減

  • 地方消滅 東京一極集中が招く人口急減
  • 地方消滅 東京一極集中が招く人口急減

ポイント倍率

地方消滅 東京一極集中が招く人口急減

  • 増田寛也/編著 増田 寛也
    1951(昭和26)年東京都生まれ。77年、東京大学法学部卒業。同年、建設省入省。95年より2007年まで3期にわたり岩手県知事、2007年より08年まで総務大臣を務める。2009年より、野村総合研究所顧問、東京大学公共政策大学院客員教授。2011年より日本創成会議座長

  • シリーズ名
    中公新書 2282
  • ページ数
    243p
  • ISBN
    978-4-12-102282-0
  • 発売日
    2014年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

820 (税込:886

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 新書大賞2015 大賞受賞作

    このままでは896の自治体が消滅しかねない―。

    減少を続ける若年女性人口の予測から導き出された衝撃のデータである。
    若者が子育て環境の悪い東京圏へ移動し続けた結果、日本は人口減少社会に突入した。
    多くの地方では、すでに高齢者すら減り始め、大都市では高齢者が激増してゆく。

    豊富なデータをもとに日本の未来図を描き出し、地方に人々がとどまり、希望どおりに子どもを持てる社会へ変わるための戦略を考える。

    藻谷浩介氏、小泉進次郎氏らとの対談を収録。
目次
序 章 人口急減社会への警鐘
第1章 極点社会の到来―消滅可能性都市896の衝撃
第2章 求められる国家戦略
第3章 東京一極集中に歯止めをかける
第4章 国民の「希望」をかなえる―少子化対策
第5章 未来日本の縮図・北海道の地域戦略
第6章 地域が活きる6モデル

対話篇1 やがて東京も収縮し、日本は破綻する 藻谷浩介×増田寛也
対話篇2 人口急減社会への処方箋を探る 小泉進次郎×須田善明×増田寛也
対話篇3 競争力の高い地方はどこが違うのか 樋口美雄×増田寛也
おわりに――日本の選択、私たちの選択

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中