ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 労働法が目指すべきもの 渡辺章先生古稀記念

  • 労働法が目指すべきもの 渡辺章先生古稀記念

労働法が目指すべきもの 渡辺章先生古稀記念

  • ページ数
    344p
  • ISBN
    978-4-7972-2251-7
  • 発売日
    2011年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

11,000 (税込:11,880

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 筑波大学名誉教授であり、東京都地方労働委員会や中央労働委員会委員をも努めてきた、渡辺章先生の古稀を祝う論文集。第一線の研究者から実務家までが集い、労働法の基礎理論から最先端までを提示し、幅広い読者の要請に応える。
目次
労組法上の労働者について
高年法と再雇用制度における労働契約の成否―最近の3つの裁判例を巡って
私の実務手帳―セクシュアル・ハラスメントの裁判例に関する一考察
アジアにおけるストライキ中の賃金問題
労働委員会の再構成の試み
「労働契約上の使用者性」論の現状と展望―実質的同一性論と法人格否認法理の対比を中心に
労働法の解釈方法についての覚書―労働者・使用者概念の解釈を素材として
労働組合法上の労働者と独占禁止法上の事業者―労働法と経済法の交錯問題に関する一考察
戦前の労働組合法案に関する史料覚書
障害を持ちながら働く労働者の能力開発
不当労働行為救済申立事件の審査手続及び救済命令等取消訴訟を巡る問題
中労委命令と行政訴訟
変更解約告知法理の構造と展開
労災保険不支給決定の取消訴訟における要件事実

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 労働法が目指すべきもの 渡辺章先生古稀記念
  • 労働法が目指すべきもの 渡辺章先生古稀記念

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中