ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 強い組織をつくる 上田昭夫のプライド

  • 強い組織をつくる 上田昭夫のプライド

電子書籍版

強い組織をつくる 上田昭夫のプライド

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年11月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    238
  • デジタルコンテンツタイトル名
    強い組織をつくる 上田昭夫のプライド
  • ISBN
    978-4-86310-155-5
  • 発売日
    2015年11月27日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 今年7月に急逝した、元ラグビー日本代表であり、元慶應義塾大学ラグビー部監督・上田昭夫さんの半生を描いた1冊。 上田さんといえば、母校の慶應大学ラグビー部を二度日本一に導いた名監督(86年、2000年)として多くの人に知られている。 86年に日本一に輝くも、その後は東大にも負け、どん底にあえぐ時間が長く続いた。94年に再就任した際には母校の惨状に驚いたものの、学生を意識変革し、人材確保、育成にも情熱をもってあたり、ついに2000年、創部100周年という節目に日本一に! 慶應ラグビー部を再生させた熱血監督者としてラグビー関係者・ファンだけではなく、組織論としても人気を集め、経営者、管理職からも人気を得た。 その後、上田さんが最も力を入れていたのは「女子ラグビーの活性化」「少年院でのラグビーを通して人を育てる」「秩父宮FMのDJで、スポーツの楽しさを伝える」の3つ。スポーツを通して、人を育てる、楽しませる、ということに情熱を注ぎ続けた上田さんからの、最後のメッセージ。

    はじめに──思いを託され
    第1章 上田昭夫の原型
    第2章 第1次慶應義塾體育會蹴球部監督時代
    第3章 第2次慶應義塾體育會蹴球部監督時代
    第4章 「勝負」から「楽しむ」ことへ
    第5章 女子ラグビーへの挑戦
    第6章 友の遺志を継いだ少年院でのラグビー指導
    第7章 勝てる組織を作る
    第8章 組織を育てるリーダー像
    おわりに

    <著者プロフィール>

    大元よしき(たいげん・よしき)
    スポーツライター。1962年生まれ。東洋大学卒業。保善高校時代からラグビーをはじめ、2~3年時に全国大会に出場。卒業後も東急ストア、ミノルタを通じ17年間プレーを続けた。現在パッションキッズ代表取締役。弓道三段。著書に『1万回の体当たり──タックルマン石塚武生 炎のメッセージ』『あの負けがあってこそ──再起を懸けたアスリート25の軌跡』(ウェッジ)等がある。

    ※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『強い組織をつくる 上田昭夫のプライド』(2015年11月30日 第1刷)に基づいて制作されました。
    ※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 強い組織をつくる 上田昭夫のプライド
  • 強い組織をつくる 上田昭夫のプライド

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中