ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エコノミスト 2017年5月9日号

  • エコノミスト 2017年5月9日号

エコノミスト 2017年5月9日号

  • 号数
    2017年5月9日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    20032
  • 発売日
    2017年04月24日

667 (税込:720

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

代表商品コード 4910200320579
サイズ Aヘン
この号の内容 資本主義 集中講義 名門高校/成城学園(東京)下|
出版社情報 ●ビジネスマンのための資本主義入門 
 ◇特別対談 吉川 洋 × 萱野 稔人
   今、問い直す資本主義 経済学と哲学で説く新境地 
 ◇語り継がれるドイツ小説 ベルが問うた「お金と幸福」の不都合
 ◇旅行者と漁師『労働者の倫理を引き下げるための物語』 
 ◇格差縮小の処方箋 「グローバル税」が再分配を促す
 ◇インタビュー
   アンヘル・グリア OECD事務総長「日本は最低賃金を上げるべきだ」 
   竹田 青嗣 哲学者 「金融のゼロサムゲーム化が危機を生む」
 ◇お金と幸福の幻想 「利他性ある共同体」の構築必要
 ◇宇沢弘文と「資本主義の幻想」 よみがえる社会的共通資本
 ◇地球が何個も必要な資本主義 経済と自然の調和が持続社会を生む
 ◇庶民の実践 ミニマリズムで脱・資本主義
 ◇AIがもたらす大失業時代 ベーシックインカム導入で理想郷に
 ◇資本主義は国債が命 日本亡国の媚薬「シムズ理論」
 
[エコノミストリポート]
◆ミャンマー 少数民族対応に批判や不満

◆基本書を読む 宗教、神話、資本論 
 ・「知」の核としての古典
 ・ゾロアスター教 一神教と善悪二元論の源流
 ・旧約聖書 西アジアから西欧に通じる思想の底流
 ・道教 現世利益の中国人に浸透
 ・コーラン 厳しい戒律と融通無碍な内容
 ・先行宗教・異教徒を取り込む「啓典の民」という考え方 
 ・日本書紀 「鹿鳴館政策」が生んだ国書
 ・ギリシャ神話・イリアス 欧州文明の暁光誇る最古典
 ・資本論 資本主義の終焉を予測

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。

ページの先頭へ

閉じる

  • エコノミスト 2017年5月9日号
  • エコノミスト 2017年5月9日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中