ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • キネマ旬報 2013年12月1日号

  • キネマ旬報 2013年12月1日号

キネマ旬報 2013年12月1日号

  • 号数
    2013年12月1日号
  • 発行間隔
    月2回刊
  • 雑誌コード
    20721
  • 発売日
    2013年11月20日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

848 (税込:916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

代表商品コード 4910207211238
サイズ B5
この号の内容 かぐや姫の物語 FACE:前田敦子|
出版社情報 【巻頭特集】
●偉才 高畑勲の到達点 「かぐや姫の物語」
 ・ロングインタビュー 高畑勲(原案・脚本・監督)
   全スタッフがこの作品をやりとげさせてくれた
 ・スタッフの証言
   (1)西村義明(プロデューサー) 集まるべき才能によって産み落とされたアニメーション
   (2)男鹿和雄(美術監督) “余白”があるからこそゆるされる美術
   (3)久石譲(音楽) 映画音楽でしか味わえない醍醐味
 ・作品評 生命の喜び、真に躍動するもの Text by 佐藤忠男
 ・高畑勲を語る
   (1)大塚康生 高畑さんを推し創り上げた「太陽の王子 ホルスの大冒険」
   (2)小田部羊一 パクさんは一言が重いんです
   (3)ユーリ・ノルシュテイン 日本のアニメーションのしるべ

◆「夢と狂気の王国」
 ・インタビュー 砂田麻美(脚本・監督) 通い詰めることで撮り得た光景

◆インド映画生誕100年記念 どうにもインド映画好きなもので。
 ・対談 周防正行(映画監督)×江戸木純(映画評論家) きっと、はまるインド映画
 ・インド映画100年の歩み
 ・インド映画の今の常識が分かるQ&A
 ・REPORT 映画生誕百年祭に沸くムンバイ

◆若き才人の邂逅――モラトリアムってなんだ? そして、これから 対談
  山下敦弘(「もらとりあむタマ子」監督)×前田司郎(「ジ、エクストリーム、スキヤキ」監督・脚本)

◆「キャプテン・フィリップス」
 ・インタビュー ポール・グリーングラス(監督) 正義と殺人のあいだで
 ・ポール・グリーングラスと英国記録映画の伝統 記録とは劇、すなわち「ドキュドラマ」なのだ

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。

ページの先頭へ

閉じる

  • キネマ旬報 2013年12月1日号
  • キネマ旬報 2013年12月1日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中