ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • キネマ旬報 2013年11月1日号

  • キネマ旬報 2013年11月1日号

キネマ旬報 2013年11月1日号

  • 号数
    2013年11月1日号
  • 発行間隔
    月2回刊
  • 雑誌コード
    20721
  • 発売日
    2013年10月19日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

848 (税込:916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

代表商品コード 4910207211139
サイズ B5
この号の内容 映画が欲望した人たち FACE:安田章大|
出版社情報 【巻頭特集】
●あまりに映画的な人生 映画を欲望させた人々
 
 ◇野崎歓 ジャンヌ・ダルクが宿す神秘の謎
 ◇仁賀克雄 ジャック・ザ・リッパーとヴィクトリア朝ロンドンの暗黒
 ◇小鷹信光 七十八人目のビリー・ザ・キッド
 ◇池内紀 笑うべき独裁者アドルフ・ヒトラー
 ◇海野弘 アル・カポネと暗黒街とハリウッド
 ◇春日武彦 エド・ゲインの退屈な人生
 ◇松沢呉一 阿部定と彼女の時代
 ◇対談 宮沢章夫×中原昌也の「勝手に見せろ/映画的人生」

◆グラビアインタビュー ◎安田章大

*企画・作品特集
◆ベロッキオ・リーディング!
 「眠れる美女」を読む、監督自身のことばと三つの考察
  ・マルコ・ベロッキオ(監督)
    シネアストは偏見や抑圧なしに、自由な姿勢で物語を描く必要があります
  ・罪は愛と共に語られる 「眠れる美女」と映画における「尊厳死」
  ・ベロッキオとベルトルッチ ふたりのイタリア人映画作家 他
◆映画は世界を変えられる
 阪本順治とKИHOの20年「人類資金」
  ・対談 阪本順治(監督)×椎井友紀子(プロデューサー)司会:山根貞男
   「そして「人類資金」へ」
  ・日本映画、この20年 他

◆「2ガンズ」
  作品評/デンゼル・ワシントン/マーク・ウォルバーク
◆「ばしゃ馬さんとビッグマウス」
  対談 吉田恵輔(監督・脚本)×仁志原了(脚本) 

◆映画史を灯した明かり ◎照明技師 熊谷秀夫
  ・長沼六男 熊谷さんの照明が作る「リアルさ」が好きだった 他

◆第14回フィルメックス直前鑑賞ガイド

◆REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評

*インタビュー
 ◆ロレーヌ・レヴィ(「もうひとりの息子」監督) 
   意識的に、理想的な寓話を作りたいと考えた 
 ◆リョン・ロクマン&サニー・ルク (「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」共同監督)
   求められた香港“警匪”映画 

 …ほか

ページの先頭へ

閉じる

  • キネマ旬報 2013年11月1日号
  • キネマ旬報 2013年11月1日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中