ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • キネマ旬報 2013年9月1日号

  • キネマ旬報 2013年9月1日号

キネマ旬報 2013年9月1日号

  • 号数
    2013年9月1日号
  • 発行間隔
    月2回刊
  • 雑誌コード
    20721
  • 発売日
    2013年08月20日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

848 (税込:916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

代表商品コード 4910207210934
サイズ B5
この号の内容 表紙・巻頭:マン・オブ・スティール FACE:松坂桃李|
出版社情報 【巻頭特集】
●正義は光速で再始動(リブート)する「マン・オブ・スティール」
 ・インタビュー ザック・スナイダー(監督) これは家族と愛の物語だ
 ・「新しい」スーパーマン
 ・苦悩するヒーローたち
 ・スーパーマンの「呪い」
 ・スーパーマンとウルトラマン ふたつの世界を往還する
 ・ブルーネットではないロイス・レインと共に

◆文学と映画の出合いかた「共喰い」「夏の終り」
 ・エッセイ 文学と映画の往還
 ・インタビュー 映画を文学にしたひとたち
  顔と声で、映画が生まれる 青山真治(「共喰い」監督)
  映画の私小説的な感触 熊切和嘉(「夏の終り」監督)
  脚色とは原作に対する批評である 荒井晴彦(「共喰い」脚本)
  人物の生活を見せる 宇治田隆史(「夏の終り」脚本)
  小説も映画も、破れ目みたいなものがあったほうがいい 田中慎弥(「共喰い」原作)
 ・映画と文学について考える3つのコラム
  文学に“愛された”俳優たち?
  「地底の歌」を知ってるかい
  ズーム・インとズーム・アウト――永遠の一瞬のほうへ

◆「日本の悲劇」
 ・対談 仲代達矢(主演)×小林政広(監督・脚本)
   再びコンビを組んだ監督と俳優の行き着いた舞台

◆追悼 夏八木勲の男気
 ・角川春樹 かけがえのない同志
 ・前田吟 どこかで通じ合っている信頼関係

【INTERVIEW】
◆「美輪明宏ドキュメンタリー 黒蜥蜴を探して」公開記念
  美輪明宏 聖なる怪物(Sacred Monsters)
◆「R18文学賞 vol.2 ジェリー・フィッシュ」監督
  金子修介 カメもクラゲも撮るけれど
◆「黒いスーツの男」出演 ラファエル・ペルソナ
  演じる愉しみを知ってしまった男の魅力
◆「スーサイド・ショップ」監督
  パトリス・ルコント アニメーションは原点回帰

…ほか

ページの先頭へ

閉じる

  • キネマ旬報 2013年9月1日号
  • キネマ旬報 2013年9月1日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中