ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • キネマ旬報 2013年7月1日号

  • キネマ旬報 2013年7月1日号

キネマ旬報 2013年7月1日号

  • 号数
    2013年7月1日号
  • 発行間隔
    月2回刊
  • 雑誌コード
    20721
  • 発売日
    2013年06月20日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

お急ぎ店舗受取りについて

数量:

848 (税込:916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

代表商品コード 4910207210736
サイズ B5
この号の内容 表紙・特集:華麗なるギャツビー|
出版社情報 【巻頭特集】
●バズラーマン MEETS フィッツジェラルド
  「華麗なるギャツビー」
 ・対談 柴田元幸×宮脇俊文 1920年代を超えて
 ・インタビュー バズ・ラーマン(監督)
   僕らがいま持っているものすべては、1920年代にはじまった

◆「アフター・アース」
 ・対談 大森望×中原昌也 偏執的作家、M.ナイト・シャラマンを語る

◆映像の魔術師 レイ・ハリーハウゼンの匠
 ・ダイナメーション時代の終り
 ・ハリーハウゼンの工夫と芸

◆「さよなら渓谷」
 ・インタビュー 大森立嗣(監督・脚本) これは究極のラブストーリー
 ・インタビュー 大西信満(出演) セリフ以上に肉体が語るもの
 ・作品評 役者たちの肉体が雄弁に語る――

◆観察と感想
 ・二〇一三年、「選挙2」と「映画『立候補』」を見る

◆『女優 富司純子』出版記念ロングインタビュー
  富司純子 映画に寄りそって

◆「真夏の方程式」
 ・インタビュー 西谷弘(監督) こだわりを貫く人々が集まった仕事

◆キネマ旬報映画祭 スクリーンによみがえるキネマ旬報ベスト・テン
 ・スペシャルインタビュー 東陽一(『絵の中のぼくの村」監督)
 ・『キネマ旬報映画祭』ラインナップ

◆追憶のテレビ日本語吹替時代
 ・テレビ映画番組吹替事情 『日曜洋画劇場』の47年
 ・パッケージ日本語吹替事情 “吹替の帝王”を目指して
 ・付録/映画番組の変遷、吹替映画の黄金時代を築いたベテラン声優、
   主な吹替声優一覧、こんな人も吹替をしていた!? 

…ほか

ページの先頭へ

閉じる

  • キネマ旬報 2013年7月1日号
  • キネマ旬報 2013年7月1日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中