ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ニュートリノってナンダ? やさしく知る素粒子・ニュートリノ・重力波

  • ニュートリノってナンダ? やさしく知る素粒子・ニュートリノ・重力波

ニュートリノってナンダ? やさしく知る素粒子・ニュートリノ・重力波

  • 荒舩良孝/著 荒舩 良孝
    1973年生まれ。科学ライター/ジャーナリスト。大学在学中より科学ライター活動を始める。「科学をわかりやすく伝える」をテーマに、宇宙論をはじめ、幅広い分野で取材・執筆活動を行う

  • ページ数
    135p
  • ISBN
    978-4-416-71751-6
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “幽霊のような粒子”ニュートリノってナンダ?ノーベル物理学賞2015年「ニュートリノ振動の発見」2017年「重力波の直接観測」がよくわかる!
  • ※発売日が変更になりました
    12月12日→12月11日
目次
第1章 ニュートリノってなに?(古代ギリシャから考えられていた原子
ブラウン運動の謎 ほか)
第2章 ニュートリノ振動の発見(日本のニュートリノ観測
カミオカンデの建設 ほか)
第3章 まだまだ謎の多いニュートリノ(スーパーカミオカンデの観測を検証する
太陽ニュートリノ問題に取り組む ほか)
第4章 ニュートリノで解き明かす新しい宇宙(ハイパーカミオカンデの建設計画
CP対称性の破れの発見 ほか)
第5章 重力波観測で明らかになる宇宙(梶田博士の新しいプロジェクト
重力波観測への挑戦 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

2015年のノーベル物理学賞となった梶田隆章博士の発見「ニュートリノ振動」。
ニュートリノの存在を提案した本人さえ、発見できるとは思っていなかった素粒子・ニュートリノって何なのか?
難しく語られがちな素粒子物理の世界を、人気の科学ライターがとことんわかりやすく紹介。

カミオカンデとスーパーカミオカンデの観測からわかったこと、なぜノーベル賞となったのか、ニュートリノ研究からわかる新しい宇宙像までを解説。
さらに、2017年にノーベル物理学賞となった「重力波の直接観測」についても詳しく紹介しました。
重力波とは何か?
発見までの過程、梶田博士が主導する、日本の重力波観測施設KAGRAや研究の最前線を紹介。
ニュートリノ研究の成果に、重力波の直接観測が加わり、「マルチメッセンジャー天文学」の幕が開けようとしています。

研究の最前線から、明らかにされつつある最新の宇宙像について、中学生から大人まで、楽しみながら知ることができる本です。

(本書は2015年刊行の『ニュートリノってナンダ?』の改訂新版です)。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ニュートリノってナンダ? やさしく知る素粒子・ニュートリノ・重力波
  • ニュートリノってナンダ? やさしく知る素粒子・ニュートリノ・重力波

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中