ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • スカイライン R32、R33、R34型を中心として

  • スカイライン R32、R33、R34型を中心として

スカイライン R32、R33、R34型を中心として

  • 当摩節夫/著 当摩 節夫
    1937年、東京に生まれる。1956年に富士精密工業入社、開発実験業務にかかわる。1967年、合併した日産自動車の実験部に移籍、1970年にATテストでデトロイト~西海岸を車で1往復約1万キロ走破。往路はシカゴ~サンタモニカまで、当時は現役であった「ルート66」3800kmを走破。1972年に日産自動車、海外サービス部に移り、海外代理店のマネージメント指導、KD車両のチューニングなどにかかわる。1986年~1997年の間、カルソニック(現カルソニック・カンセイ)の海外事業部に移籍、豪亜地域の海外拠点展開にかかわる。1986年~1989年の間シンガポール駐在。RJC(日本自動車研究者ジャーナリスト会議)および、米国SAH(The Society of Automotive Historians,Inc.)のメンバー。1954年から世界の自動車カタログの収集を始め現在に至る

  • ページ数
    139p
  • ISBN
    978-4-89522-684-4
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2017年に誕生60年を迎えたスカイラインは、日本を代表するロングセラー車として、絶大な人気を誇り続けている。モータースポーツ活動における活躍などで「技術の日産」のイメージを先導、最新技術の導入などで今なお進化を続けている。本書では「走りのスカイライン」復活を目指して開発され、GT‐Rの復活を遂げた、新時代スカイラインの幕開けとなったR32型と、それに続くR33、R34型の変遷を中心に、スカイラインの誕生から現在までを、当時の貴重な資料などをもとに解説する。
目次
スカイラインの歴史(スカイライン前史
スカイラインの誕生から7代目まで
R32、R33、R34型スカイライン
11代目から13代目およびNISSAN GT‐R)
カタログでたどる歴代スカイライン―R32、R33、R34型を中心として(SI系(初代1957年4月~1963年11月)
BLRA‐3型(スカイラインスポーツ1962年11月~1963年生産中止)
S50系(2代目1963年11月~1968年8月)
S54系(スカイラインGT1964年5月~1968年8月)
C10/GC10型(3代目1968年8月~1972年9月) ほか)

商品詳細情報

サイズ 27cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • スカイライン R32、R33、R34型を中心として
  • スカイライン R32、R33、R34型を中心として

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中