ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 男と女の理不尽な愉しみ
  • 男と女の理不尽な愉しみ

  • 男と女の理不尽な愉しみ
  • 男と女の理不尽な愉しみ

男と女の理不尽な愉しみ

  • 林真理子/著 壇蜜/著 林 真理子
    作家。1954年山梨県生まれ。『最終便に間に合えば/京都まで』で直木賞、『白連れんれん』で柴田錬三郎賞、『みんなの秘密』で吉川英治文学賞を受賞

    壇 蜜
    タレント。1980年秋田県生まれ。映画『甘い鞭』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞

  • シリーズ名
    集英社新書 0909
  • ページ数
    188p
  • ISBN
    978-4-08-721009-5
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

700 (税込:756

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 甘美で魅力的なはずの男女関係はなぜ、今や絶望的なまでに我々を追い詰めているのか?
    古典的男女観ともフェミニズムとも異なる視点の二人が、とかく男女の問題に世知辛い昨今の日本社会を喝破する!
    (「近刊情報」より)
目次
第1章 結婚したい女たち
第2章 男と女の利害関係
第3章 女は「損」なのか?
第4章 人はなぜ不倫を許さないのか
第5章 女はどう育つのか
第6章 死ぬことと、生きること

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「ゲス不倫」叩きから、「熟年離婚」まで…。世の中は、かくも男女の問題に満ち溢れている。甘美で魅力的なはずの関係はなぜ、今や絶望的なまでに我々を追い詰めているのか?男女の機微を知り尽くした作家とタレントが、出会いから恋愛の作法、不倫の在り方、看取りの瞬間まで、男と女を巡るあらゆる問題を徹底討論。しなやかでありながら、したたかでもある男女の「愉しみ方」を提言する。古典的男女観ともフェミニズムとも異なる視点の二人が、とかく男女に世知辛い日本社会を喝破する!

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中