ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ロールシャッハ・テスト統計集 数値の比較検討と解釈に役立つ変数データ

  • ロールシャッハ・テスト統計集 数値の比較検討と解釈に役立つ変数データ

ロールシャッハ・テスト統計集 数値の比較検討と解釈に役立つ変数データ

  • 西尾博行/著 高橋依子/著 高橋雅春/著 西尾 博行
    1974年関西大学社会学部卒業。1992年関西大学大学院社会学研究科社会心理学専攻臨床心理学専修博士課程修了。文京学院大学人間学部教授

    高橋 依子
    1974年京都大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程修了。大阪樟蔭女子大学大学院人間科学研究科臨床心理学専攻教授

    高橋 雅春
    1950年京都大学文学部哲学科心理学専攻卒業。関西大学名誉教授

  • ページ数
    231p
  • ISBN
    978-4-7724-1589-7
  • 発売日
    2017年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,860

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ジョン・E・エクスナーは最も実証的で最も臨床に役立つロールシャッハ・テストの体系の構築を意図し、アメリカにおける主要な5つの学派を比較検討し、信頼性と妥当性のある方式として1974年に包括システム(Comprehensive System)を作成した。本書ではわが国の健常成人400人(男性200人・女性200人)に実施した包括システムによるロールシャッハ・テストに関する変数の詳細な統計値を表と図によって明らかにした。本書に示した各種の統計値は、ロールシャッハ・テストを用いる臨床家や研究者が、結果を解釈したり、被検者の数値と比較検討する時、実証的で客観的な資料として活用できる。また、初学者が健常者のロールシャッハ・テスト反応の特徴を正確に理解するのにもきわめて有益であろう。
目次
第1章 表と図について
第2章 領域と発達水準
第3章 決定因子
第4章 形態水準
第5章 記述統計値
第6章 健常成人のロールシャッハ統計値

商品詳細情報

サイズ 26cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

ジョン・E・エクスナーは最も実証的で最も臨床に役立つロールシャッハ・テストの体系の構築を意図し,アメリカにおける主要な5つの学派を比較検討し,信頼性と妥当性のある方式として1974年に包括システム(Comprehensive System)を作成した。
著者らは,包括システムによるロールシャッハ・テストをわが国の健常成人やさまざまなクライエントに試行してきたが,その資料を1986年の原書第2版や2003年の第4版に基づいて修正すると共に,より多くの被検者に包括システムによってロールシャッハ・テストを行ってきている。その経験からロールシャッハ・テストの変数の解釈仮説は,同じようにわが国に適用できるが,知覚の仕方が文化に影響されることを否定できないと考えてきた。
このような経緯をふまえて,本書ではわが国の健常成人400人(男性200人・女性200人)に実施した包括システムによるロールシャッハ・テストに関する変数の詳細な統計値を表と図によって明らかにした。『ロールシャッハ・テスト実施法』,『ロールシャッハ・テスト解釈法』,『ロールシャッハ・テスト形態水準表』に続く,ロールシャッハ・テストの臨床と研究のための統計集である。
本書に示した各種の統計値は,ロールシャッハ・テストを用いる臨床家や研究者が,結果を解釈したり,被検者の数値と比較検討する時,実証的で客観的な資料として活用できる。また,初学者が健常者のロールシャッハ・テスト反応の特徴を正確に理解するのにもきわめて有益であろう。

ページの先頭へ

閉じる

  • ロールシャッハ・テスト統計集 数値の比較検討と解釈に役立つ変数データ
  • ロールシャッハ・テスト統計集 数値の比較検討と解釈に役立つ変数データ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中