ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • BIOSTORY  28

  • BIOSTORY  28

予約商品

BIOSTORY  28

  • シリーズ名
    SEIBUNDO MOOK
  • ISBN
    978-4-416-51781-9
  • 予約発売日
    2017年11月28日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 特集は「なぜ人は生き物の絵を描いてきたのか」。洞窟画から博物画、現在のマンガまで人が生き物を描くという行為に迫る。

商品詳細情報

フォーマット ムック
発売日について 商品によっては、セブンネットショッピングの倉庫に搬入される日を発売予定日と表記させていただく場合がございますので、
出版社やメーカーが公表している発売日とは異なる場合がございます。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

商品のおすすめ

【特集】
「なぜ人は生き物の絵を描いてきたのか?」

人が生き物の姿を描き出すという行為について、クロマニヨン人の洞窟画の時代から博物画の枠を超えて現代のマンガに至るまでの足跡を辿り、
飽くなき写実と抽象化との探求によって描かれた対象に生命を与えてきた営みとして見直してみたい。
 
〈イントロダクション〉
園江満(日本大学生物資源科学部専任講師)

〈総論〉
奥野卓司(関西学院大学社会学部教授)

〈各論〉
絵画における博物画の位置づけ/高階秀爾(東京大学文学部名誉教授、大原美術館館長)
学術画としての博物画/西野嘉章(東京大学総合研究博物館特任教授)
西洋の博物画/荒俣宏(作家)
画家から見た博物画/ 山中麻須美(英国キュー王立植物園公式植物画家)
洞窟壁画からの視点/ 五十嵐ジャンヌ(東京藝術大学大学院美術研究科)

〈インタビュー〉
生き物を描くということ-科学の目/甲斐信枝(科学絵本作家)

〈コラム〉
生き物を描くということ-美術の目/上村淳之(京都市立芸術大学名誉教授、日本画家)
マンガに描かれた生き物たち・園江満

【連載】
〇珍品図鑑
〇論点
〇巻頭言
〇自然を読む
〇フィールドレポート海外
〇フィールドレポート国内
〇必読書
  
【短期連載】
〇地域の和食

【不定期連載】
〇生き物のいま

【投稿原稿】
【学会情報】ほか
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • BIOSTORY  28
  • BIOSTORY  28

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中