ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フットサル戦術トレーニングデザイン Fリーグ優勝チームが実践する勝利のメソッド 限られた戦力・時間・場所で最大限のパフォーマンスを引き出す

  • フットサル戦術トレーニングデザイン Fリーグ優勝チームが実践する勝利のメソッド 限られた戦力・時間・場所で最大限のパフォーマンスを引き出す

フットサル戦術トレーニングデザイン Fリーグ優勝チームが実践する勝利のメソッド 限られた戦力・時間・場所で最大限のパフォーマンスを引き出す

  • 木暮賢一郎/著 木暮 賢一郎
    元フットサル日本代表/現シュライカー大阪監督。1979年11月11日生まれ、神奈川県出身

  • ページ数
    239p
  • ISBN
    978-4-416-61772-4
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本格チームから初心者チームまで、必ず強くなる42トレーニング!
  • ※発売日が変更になりました
    11月10日→11月21日
目次
1 トレーニングデザインの考え方(クラブの目標を設定する
トレーニングのサイクルを考える ほか)
2 フットサルの基本戦術(ポジションの役割
オフェンスシステム ほか)
3 トレーニングプランの組み立て方(プレス回避(3‐1
4‐0)
定位置攻撃 ほか)
木暮賢一郎Q&A(最初に決めた時間配分は守ったほうがいい?
どんなタイミングで練習を止めますか? ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「全てのトレーニングは試合につながっている!」

2016-17シーズンの「Fリーグ」を制した
シュライカー大阪・木暮賢一郎監督によるフットサル戦術書の決定版。

選手の半数以上がアマチュアのチームを優勝に導いた秘訣は、
木暮監督が編み出した「トレーニングデザイン」というメソッドにある。

「限られた戦力、時間、場所において、最大限のパフォーマンスを引き出す」
チームとしての目標、コンセプトを設置・呈したうえで、
それを実現するためにトレーニングをデザインしていく。

ウォーミングアップからクールダウンまで、
全ての練習がコンセプトに沿って行われるため、
練習でやったことが、すぐさま試合につながるのが、
この「トレーニングデザイン」の最大のメリット。

残念ながら、日本のフットサルを取り巻く環境は十分とはいえないのが現状。

練習回数が十分にとれない……
GKの選手がいない……
コートが狭い……
ゴールが一つしかない……
選手が集まらない……

そうした限られた環境の中でもチームを強くしていくためには、
それぞれのチームに合った、トレーニングを考えることが重要になる。

本書では、木暮監督がFリーグクラブで実践して優勝に導いた
独自のメソッド「トレーニングデザイン」を紹介する。
具体的なトレーニングとともに、どんな目的で行うのか、
どのような設定にするのか、なども詳しく解説する。

練習回数、プレーヤーの質、所属カテゴリーなど
それぞれのレベルに応じて最適なメニューの組み立て方が学べるので、
本格的なチームから初心者チームまで、どんなチームにも応用可能。

本気で上を目指して頑張っている
なかなか結果が出なくて悩んでいる
選手のレベルにばらつきがある
格上の相手に勝利したい

あらゆるレベルでプレーしているチームにオススメの1冊。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • フットサル戦術トレーニングデザイン Fリーグ優勝チームが実践する勝利のメソッド 限られた戦力・時間・場所で最大限のパフォーマンスを引き出す
  • フットサル戦術トレーニングデザイン Fリーグ優勝チームが実践する勝利のメソッド 限られた戦力・時間・場所で最大限のパフォーマンスを引き出す

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中