ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 9割の誤えん性肺炎はのどの力で防げる
  • 9割の誤えん性肺炎はのどの力で防げる

  • 9割の誤えん性肺炎はのどの力で防げる
  • 9割の誤えん性肺炎はのどの力で防げる

9割の誤えん性肺炎はのどの力で防げる

  • 浦長瀬昌宏/著 浦長瀬 昌宏
    1972年生まれ。大阪市出身。神戸大学医学部医学科、神戸大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科頭頚部外科学分野卒業。耳鼻咽喉科専門医。神鋼記念病院耳鼻咽喉科科長として、鼻治療や嚥下障害の予防を中心に耳鼻咽喉科の診療を行なう。また、ENT medical lab主任研究員として、耳鼻咽喉科分野の臨床研究や嚥下機能の改善トレーニング指導を積極的に行なっている

  • シリーズ名
    中経の文庫 L67う
  • ページ数
    189p
  • ISBN
    978-4-04-602177-9
  • 発売日
    2017年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

640 (税込:691

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人の死因3位となっている「肺炎」。なかでも、高齢者を中心とする中高年世代に多発する誤えん性肺炎は、のどの力、つまり「飲みこみ力」が弱まることで発症することがほとんどです。本書は、のどの力=「飲みこみ力」の低下が引き起こす「えん下障害」、そして「誤えん性肺炎」を防ぐためのトレーニング法「浦長瀬メソッド」をわかりやすくまとめた一冊です!
目次
第1章 のどの力が衰えると、こんな病気に!(誤えん性肺炎 高齢者の肺炎の多くがこれ!
窒息 じつはもっとも多い「不慮の事故」の死因 ほか)
第2章 なぜ、のどを動かさないといけないのか?(「かくれ嚥下障害」の人はたくさんいる
「飲みこみ力」は、自分自身ではわからない!? ほか)
第3章 「飲みこみ力」について理解しよう(「飲みこみ力」が弱い人はこんなに増えている!
どうすれば「飲みこみ力」を高められる? ほか)
第4章 「飲みこみ力」をきたえるトレーニング(いますぐ「飲みこみ力」を調べてみよう!
「のど上げ体操」で「飲みこみ力」をアップ! ほか)
第5章 Q&Aでわかる!「飲みこみ力」と「えん下障害」(どれくらい、のど上げ体操をすればいい?
飲みこみやすい状況をつくる ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

~のどの力が低下してからでは、もう遅い!~

日本人の死亡原因第3位は「肺炎」。
特にシニア世代の肺炎はのどの力が弱まることで引き起こされます。
本書では「えん下障害」を起こさない、のどの力の低下をふせぐトレーニング法をわかりやすくまとめた一冊です!
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中