ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 吉本隆明質疑応答集 2

  • 吉本隆明質疑応答集 2

吉本隆明質疑応答集 2

  • 吉本隆明/著 吉本 隆明
    1924年11月25日、東京・月島に生まれる。父祖の地は九州・天草。40年頃より詩作を始める。42年、山形・米沢高等工業学校に入学。43年東京工業大学電気化学科に入学。勤労動員中の富山・魚津で敗戦を迎える。47年、東工大卒業。技術者として職場を転々とする。51年、東洋インキ製造に入社。青戸工場に勤務。54年、東洋インキ労働組合連合会会長として関わった労働争議が敗北に了る。55年、職を辞する。56年、長井・江崎特許事務に職を得る

  • 巻の書名
    思想
  • ページ数
    273p
  • ISBN
    978-4-8460-1612-8
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1967年~86年にわたる思想に関する「質疑応答」の集成。「現代とマルクス」、「幻想論の根柢―言葉という思想」、「ポーランド問題とは何か」講演後、他の全11篇を収める。
目次
1(現代とマルクス 一九六七年十月十二日―中央大学学生会館常任委員会主催による講演後
ナショナリズム―国家論(原題・「国家論No.2―ナショナリズム」) 一九六七年十月二十一日―早大独立左翼集団主催による講演後
人間にとって思想とは何か―『言語にとって美とはなにか』および『共同幻想論』にふれて 一九六七年十一月二十一日―国学院大学文芸部・国学院大学文化団体連合会共催による講演後
幻想としての国家 一九六七年十一月二十六日―関西大学学生図書委員会主催による講演後
国家・共同体の原理的位相 一九七一年十二月十九日―名古屋ウニタ書店主催による講演後 ほか)
2(竹内好の生涯(原題・竹内好について) 一九七七年十月一日―山口県有志(山口県内吉本さんを呼ぶ会)主催による講演後
“アジア的”ということ 一九七九年七月十五日―北九州市小倉・金榮堂主催による講演後
アジア的ということ5(原題・“アジア的ということ”―そして日本) 一九八一年七月四日―北九州市小倉・金榮堂主催による講演後
ポーランド問題とは何か―「連帯」の社会主義構想(原題・ポーランドへの寄与) 一九八二年十一月五日―岩手大学新聞社主催による講演後
共同幻想の時間と空間―柳田国男の周辺 一九八六年六月八日―「吉本隆明を読む会」主催による講演後)

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 吉本隆明質疑応答集 2
  • 吉本隆明質疑応答集 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中