ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アジア遊学 212

  • アジア遊学 212

アジア遊学 212

  • 巻の書名
    関ケ原はいかに語られたか いくさをめぐる記憶と言説
  • 巻の著者名
    井上泰至/編 倉員正江/〔ほか執筆〕
  • ページ数
    213p
  • ISBN
    978-4-585-22678-9
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 関ヶ原の戦いとは慶長五年九月十五日の合戦のみをさすものではなく、秀吉政権後の体制を巡り、全国各地で石田方・徳川方に別れて行われたいくさのことである。この戦いのイメージは、文学・演劇・屏風・絵巻など様々なメディアによって表象され、伝えられてきた。歴史学と文学研究の成果を踏まえ、虚像(文学および美術)を中心に武将の銘々伝的アプローチを行い、この多様な語りの諸相を整理し、関ヶ原の戦いのイメージの形成過程を明らかにする。
目次
序文 関ヶ原の戦いのイメージ形成史
石田三成―テキスト批評・中野等『石田三成伝』
小早川秀秋―大河内秀連著『光禄物語』を中心に
大谷吉継―軍師像の転変
小西行長―近世の軍記から演劇まで
島左近―『常山紀談』の逸話などから
吉川広家―「律儀」な広家像の形成と展開
安国寺恵瓊―吉川広家覚書と『関ヶ原軍記大成』を中心に
黒田長政―説得役、交渉役として
関ヶ原合戦と寺社縁起
福島正則―尾張衆から見た関ヶ原の戦い
加藤清正―関ヶ原不参加は家康の謀略によるものか?
島津義弘―島津退き口の歴史叙述をめぐって
伊達政宗―近世軍書に描かれたその姿の多様性
徳川家康―天下太平への「放伐」

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • アジア遊学 212
  • アジア遊学 212

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中