ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 個人投資家のためのFinTechプログラミング

  • 個人投資家のためのFinTechプログラミング

個人投資家のためのFinTechプログラミング

  • シリーズ名
    日経BPムック
  • ページ数
    209p
  • ISBN
    978-4-8222-5986-0
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ビットコインのシステムトレードを、実際に動くPythonのコード付きで解説する世界初(*)の本!
    (*)2017年8月時点。日経BP社調べ

    IT技術の発達により、金融機関に属していない“普通の個人”でも、システムトレード(自動売買)や金融データの分析が容易に行える時代になっています。
    本ムックはその具体例として、プログラミング言語「Python」を利用した、ビットコインのシステムトレードプログラムの作成方法と、株価データを取得・分析するプログラムの作成方法を紹介します。

    特に、ビットコインのシステムトレードプログラムは国内大手3社の仮想通貨取引所APIに対応する極めて実践的なもので、現時点ではネットや類書にはない貴重な内容になっています。
    他にも、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンをやさしく解説する記事を収録しています。
    (「近刊情報」より)
目次
▼第1部 ビットコインシステムトレード入門筆者:てばさき
第1章 パブリックAPIを使ってみる
第2章 プライベートAPIを使って売買してみる
第3章 自動取引プログラムを実装する
コラム 補足その1:TakerとMaker
コラム 補足その2:仮想通貨の怖い話

▼第2部 Pythonで金融データを分析しよう筆者:森谷博之
第1章 株価データをダウンロードして可視化する
第2章 収益につながるトレンド判定の方法
第3章 モンテカルロ法で理解する投資の本質
第4章 アップルとアマゾンの株価で「リバランス」の効果を検証する
・コラム AnacondaとJupyter Notebookを使おう
・コラム リスクとリターン
・コラム 相反する主張それぞれにノーベル賞

▼第3部 誰でもわかるブロックチェーン筆者:愛敬真生、丸山和子
第1章 ブロックチェーンとはなにか?
第2章 ブロックチェーンの仕組み
第3章 仮想通貨の技術的課題
第4章 ブロックチェーンの新機能
第5章 企業で使うブロックチェーン
第6章 ブロックチェーンでビジネスが変わる
第7章 ブロックチェーンはどうなっていく?

商品詳細情報

フォーマット ムック
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 個人投資家のためのFinTechプログラミング
  • 個人投資家のためのFinTechプログラミング

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中