ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 伽藍堂の殺人 Banach‐Tarski Paradox

  • 伽藍堂の殺人 Banach‐Tarski Paradox

伽藍堂の殺人 Banach‐Tarski Paradox

  • 周木律/〔著〕 周木 律
    某国立大学建築学科卒業。『眼球堂の殺人~The Book~』(講談社ノベルス、のち講談社文庫)で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー

  • シリーズ名
    講談社文庫 し111-4
  • ページ数
    418p
  • ISBN
    978-4-06-293755-9
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 謎の宗教団体・BT教団の施設だった二つの館の建つ伽藍島。リーマン予想解決に関わる講演会のため訪れた、放浪の数学者・十和田只人と天才・善知鳥神、宮司兄妹。その夜、ともに招かれた数学者二人が不可能と思われる“瞬間移動”殺人の犠牲となる。秘められた不穏な物語がさらに動く“堂”シリーズ第四弾。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

”堂”シリーズはついにここまできたか 解説 村上貴史(ミステリ書評家)

島と二つの異形建築。”瞬間移動”殺人と謎の教団。新たな”館”本格ミステリ第四弾! 奇跡と不吉の島。”堂”不可能殺人!

謎の宗教団体・BT教団の施設だった二つの館の建つ伽藍島。リーマン予想解決に関わる講演会のため訪れた、放浪の数学者・十和田只人と天才・善知鳥(うとう)神、宮司兄妹。その夜、ともに招かれた数学者二人が不可能と思われる”瞬間移動”殺人の犠牲となる。秘められた不穏な物語がさらに動く”堂”シリーズ第四弾。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 伽藍堂の殺人 Banach‐Tarski Paradox
  • 伽藍堂の殺人 Banach‐Tarski Paradox

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中