ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 香港行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

  • 香港行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

香港行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

  • 清水真理子/著 清水 真理子
    フリーライター。新聞社勤務を経て、2004年に北京に渡り普通話(中国の標準語)を学ぶ。2006年より香港にて現地邦人向け情報誌と香港人向けインバウンド誌の編集長を兼任。2011年末に帰国しフリーランスに。2015年、香港政府観光局より「香港スペシャリスト」に認定。現在、総合情報サイト『All About』の香港ガイドのほか、さまざまな媒体で執筆

  • ページ数
    144p
  • ISBN
    978-4-416-61703-8
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • グルメな街で食いだおれ。おいしい香港めしあがれ。

    世界に名を馳せる美食の街・香港。

    香港がグルメの街として知られるのにはいくつかの理由があります。
    ひとつは、香港の食のベースは中華八大料理に挙げられる広東料理だから。
    もうひとつの理由は、世界に名だたる貿易港で、コスモポリタンな街だから。

    「貿易港=世界中からおいしい食材が集まる」
    「コスモポリタンな街=新たな発想の料理がどんどん生まれる」

    香港の中華が他と違うのはきっとこんな土地柄もあるからでしょう。
    しかも香港は元イギリス植民地だった影響もあり、
    西洋の食の要素がミックスされた香港独特の料理があるのが独特。
    例えばチャーハン入りのドリアだったり、トマトソースの中に中華麺が入っていたり……。
    西洋っぽいけど西洋にはないであろうユニークな香港グルメは驚きがいっぱいです。

    この本では、伝統的な中華料理から独創的な香港料理まで、
    香港市民が愛してやまないグルメを紹介しています。

    よく食べて、よくしゃべり、よく笑うパワフルな香港の人たち。
    その輪の中にあるのはいつでもおいしいごはん。
    (「近刊情報」より)
目次
香港飲茶パラダイス
麺もの
ごはんもの
肉もの
海鮮もの
小腹にドン
あまいもの

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

世界に名を馳せる美食の街・香港。

香港がグルメの街として知られるのにはいくつかの理由があります。
ひとつは、香港の食のベースは中華八大料理に挙げられる広東料理だから。
もうひとつの理由は、世界に名だたる貿易港で、コスモポリタンな街だから。

「貿易港=世界中からおいしい食材が集まる」
「コスモポリタンな街=新たな発想の料理がどんどん生まれる」

香港の中華が他と違うのはきっとこんな土地柄もあるからでしょう。
しかも香港は元イギリス植民地だった影響もあり、
西洋の食の要素がミックスされた香港独特の料理があるのが独特。
例えばチャーハン入りのドリアだったり、トマトソースの中に中華麺が入っていたり……。
西洋っぽいけど西洋にはないであろうユニークな香港グルメは驚きがいっぱいです。

この本では、伝統的な中華料理から独創的な香港料理まで、
香港市民が愛してやまないグルメを紹介しています。

よく食べて、よくしゃべり、よく笑うパワフルな香港の人たち。
その輪の中にあるのはいつでもおいしいごはん。

ページの先頭へ

閉じる

  • 香港行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。
  • 香港行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中