ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 60歳。だからなんなの まだまだやりたいことがある

  • 60歳。だからなんなの まだまだやりたいことがある

ポイント倍率

60歳。だからなんなの まだまだやりたいことがある

  • ページ数
    152p
  • ISBN
    978-4-86581-115-5
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 確執があった母、認知症になった母。その母は旅立った。次は私の番。介護施設で介護の仕事を実体験したり、終活を模索する一方、60代はまだ成長期、やりたいことは山ほど!「いい年」なんて言っていられない!揺れる60代!いまを楽しみ、どう生きていくのか!
  • ※発売日が変更になりました
    9月5日→9月8日
目次
第1章 60代になって何が変わった?(還暦を迎えたけれど
年取るのって怖くない? ほか)
第2章 確執があった母を送る(ああ~母は旅立った
母が選んだ生き方 ほか)
第3章 自分から介護の仕事に飛びこむ(介護施設ってなんなんだ
なぜ介護施設で働こうと思ったか ほか)
第4章 誰もがいつか介護される側になる(生存確認のための餌付け
誰も介護なしに後半生は語れない ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

揺れる60代!「いい年」なんて言っていられない!

60歳なんておばあちゃんと思っていたけど、なってみると景色が違う。まだまだ未完成。やりたいことは山ほど。一方で、親の介護、自分の老後も視野に入ってくる。そんな60代の揺れる本心が開けっ広げに語られる。男シングルマザーの母のもとに生まれ、モデルとして15歳から家族を支える。トップモデルとなり、2度の結婚、2度の離婚。娘と息子をひとりで育てる。母は78歳になっても彼のもとへと家を出た。

その母が80歳を過ぎ、認知症に。在宅介護をするなか、著者に衝撃が訪れる。母の日記を見てしまったのだ。そこには娘への罵詈雑言が書きつけられていた。母との葛藤を抱えつつも、介護は続く。徘徊が始まり、介護施設を探すことに。ようやく見つかった介護施設で母は2016年6月に旅立った。母の介護はこれでよかったのか……著者は自分の終活を意識するなかで、自ら介護施設で仕事をしてみる。現場で実体験したからこそ、60代のいまをどう生きていきたいかが見えてくる。介護抜きに後半生は語れないが、いまを楽しみながら、心の予習をする姿が明かされる。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 60歳。だからなんなの まだまだやりたいことがある
  • 60歳。だからなんなの まだまだやりたいことがある

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中