ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 幻想版画 ゴヤからルドンまでの奇怪コレクション

  • 幻想版画 ゴヤからルドンまでの奇怪コレクション

幻想版画 ゴヤからルドンまでの奇怪コレクション

  • ヴァレリー・シュール=エルメル/著 千足伸行/監修 ダコスタ吉村花子/訳 シュール=エルメル,ヴァレリー(Sueur‐Hermel,Val´erie)
    フランス国立図書館、版画・写真部門主任学芸員。19世紀コレクション責任者。ルーヴル美術学校版画史教授。多くの版画展覧会においてキュレーターを務める

    千足 伸行
    1940年、東京生まれ。東京大学文学部卒。東京放送(TBS)を経て国立西洋美術館に勤務。1970‐72年、西ドイツ政府(当時)奨学生として、ミュンヘン大学に留学。1979年、西洋美術館を辞し、成城大学文芸学部に勤務、2011年3月定年退職し、現在同大学名誉教授、広島県立美術館館長

    冨田 章
    1958年、新潟生まれ。慶應義塾大学文学部、成城大学大学院卒。東京ステーションギャラリー館長

  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-7661-3018-8
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 文学からインスピレーションを得て生まれ、ロマン主義、新ロマン主義、象徴主義とともに成長してきた、「幻想的」で「不気味」、「悪魔的」で「悪夢」のような幻想版画。本書は、フランシスコ・デ・ゴヤにはじまり、ウジェーヌ・ドラクロワ、J.‐J.・グランヴィル、ギュスターヴ・ドレ、ロドルフ・ブレダン、シャルル・メリヨン、オディロン・ルドンにいたるまで、フランス国立図書館所蔵の貴重な名作版画を収録。幻視者たちが目の当たりにした、黒と白の美しき闇黒の世界へといざないます。
目次
幻想版画あるいは19世紀ロマン主義の黒い糸(幻想とロマン主義
版画 幻想のテーマとモチーフの伝達者
白と黒の版画、精神の媒介者)
文学的源泉と大衆的幻想の間で―1830年のロマン主義世代(ドラクロワ、シェークスピア、そしてゲーテ
ヴィクトル・ユゴーのもとで、ルイ・ブーランジェとセレスタン・ナントゥイユ
幻想挿絵本 トニー・ジョアノとJ.‐J.・グランヴィル
大衆版画におけるファンタスマゴリーと悪魔画)
レアリスムを襲う幻想―1860年代の新ロマン主義(レアリスムの申し子を誘惑する幻想 ブラックモンとルグロ
鏡のごとき銅版画 版画家たちの幻影と妄想
現実界の地平に位置する不合理 ロドルフ・ブレダンの憑りつかれた風景
ギュスターヴ・ドレのクレヨン技法 「ロマン主義最後の魔法の杖」)
象徴主義の萌芽と死の幻―世紀末の版画家たち(「夢の中で」 オディロン・ルドンの黒
死の舞踏 死神の回帰
変幻自在の悪魔たち)

商品詳細情報

サイズ 25cm
原題 原タイトル:Fantastique!
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 幻想版画 ゴヤからルドンまでの奇怪コレクション
  • 幻想版画 ゴヤからルドンまでの奇怪コレクション

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中