ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦争と平和

  • 戦争と平和

戦争と平和

  • 百田尚樹/著 百田 尚樹
    1956(昭和31)年大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006年『永遠の0』で作家デビュー。他著書に『海賊とよばれた男』(第十回本屋大賞受賞)等多数

  • シリーズ名
    新潮新書 731
  • ページ数
    220p
  • ISBN
    978-4-10-610731-3
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

760 (税込:821

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「ゼロ戦」はなぜ敗れたのか。
    日本は絶対に戦争をしてはいけない。日本人ほど戦争に向かない民族はいないのだから――。
    大ベストセラー『永遠の0』著者が今こそ放つ、圧倒的説得力の反戦論!
    (「近刊情報」より)
  • ※発売日が変更になりました
    8月10日→8月14日
目次
第1章 ゼロ戦とグラマン(極限状況下に短所は現れる
根本から異なる設計思想
職人技を求める日本 ほか)
第2章 『永遠の0』は戦争賛美小説か(五〇歳の決心
小説家を目指した動機
戦争を語り継ぐ ほか)
第3章 護憲派に告ぐ(永世中立国スイス
自衛隊は軍隊ではない
能登半島沖不審船事件 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

日本は絶対に戦争をしてはいけない。日本人ほど、戦争に向かない民族はいないのだから―。
「ゼロ戦」と「グラマン」の徹底比較から見えてきた、私たちの致命的な欠点とは何か。
ベストセラー『永遠の0』に秘めた、本当の想いとは。
作家が「何としても戦争を回避しなければならない」という強い想いから真摯に綴った、圧倒的説得力の反戦論。

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦争と平和
  • 戦争と平和

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中