ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ

  • 世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ

ポイント倍率

世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ

  • 仲野広倫/著 仲野 広倫
    米国政府公認カイロプラクティックドクター(DC)。カイロプラクティック認定スポーツ医(CCSP)。ロサンゼルス生まれ、日本育ち。大正15年創業仲野整體4代目。明治国際医療大学卒業後、三重県四日市市の仲野整體本院を経て単身渡米。南カリフォルニア健康科学大学(SCUHS)卒業。ニューヨークマンハッタンの5番街でTAIカイロプラクティックを開業。先進医学の診断とコンサーバティブな治療法を組み合わせた診療で、アメリカでもっとも成功している日本人カイロプラクターの1人

  • ページ数
    276p
  • ISBN
    978-4-86643-011-9
  • 発売日
    2017年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界最新のスポーツ医学が導いたコンディショニングでカラダに自信がつく!将来の健康リスクを回避できる!全米ナンバーワンの日本人スポーツカイロプラクターが明かす超多忙な毎日に負けないためのセルフケア。

    ◆著名人から絶賛コメント! ◆

    「仲野さんにはぼくもニューヨークで何度も救われました」
    坂本龍一さん(音楽家)

    「スピードを落とさず働くために、最高のアドバイスが詰まった本」
    南壮一郎さん(株式会社ビズリーチ 代表取締役社長)

    ウォール街のビジネスパーソン、ハリウッドスター、五輪メダリストから指名される
    10万人を治療したNY在住のスポーツカイロプラクターが教える「疲れないカラダ」の秘密

    マラソンのスタートライン。

    「いっちに、さんっし」とストレッチしている人を見ると
    『ああ日本人だ』とすぐわかります。

    アメリカ人やその他の人種はそんなストレッチを絶対にしません。

    運動前にストレッチすると、パフォーマンスは下がります。
    疲労回復や怪我の予防にもなりません。

    そもそも開脚や前屈できるカラダが健康で、怪我をしにくいと勘違いしている人もたくさんいます。
    前屈で地面に手がつかないアスリートはたくさんいますし、
    手がつくヨガインストラクターやプロダンサーは一般の人よりも故障しやすいカラダだと言えます。

    間違ったケアをすると、いつまで経ってもカラダは元気になりません。

    「最近、体力が落ちたな」
    「いつもカラダがだるい、重い」
    「少し長い距離を歩くと、腰やひざが痛む」

    これらはカラダのキャパシティ(機能運動性)を高めれば解消されます。

    そのためには

    ジム通いも
    1日何百回のスクワットも
    バランスボールのようなトレーニング器具も
    1万歩のウォーキングも

    すべて不要。
    本書では全米No.1の日本人スポーツカイロプラクターが
    疲れ知らず、衰え知らず、不調なしのカラダになるセルフケア方法を
    医学的エビデンスに基づいてご紹介します。
目次
第1章 世界の最新医療が解き明かす疲労の正体(私たちのカラダは毎日怪我をしている
カラダの老化ってどういうこと? ほか)
第2章 日常の動作だけでカラダは疲れてしまう(ストレスが不調の原因なのか?
動かないからカラダの調子が悪くなる ほか)
第3章 疲れないカラダを手に入れるたった1つの方法(運動神経とは何か?
カラダは使っているようにしか進化しない ほか)
第4章 正しいカラダの使い方&機能運動性回復エクササイズ(エクササイズ前の注意点
機能運動性検査 ほか)
第5章 ちょっとヘンな日本人の健康常識(運動前のストレッチはパフォーマンスを下げる?
痛めた箇所のストレッチは厳禁! ほか)

商品詳細情報

サイズ 18cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

スポーツカイロプラクターは筋肉骨格系の専門医として
できるだけ手術、注射を使わない治療をおこないます。

アメリカのプロスポーツ現場で欠かせない存在であり、
全米オリンピック医師団のトップでもあります。

まさに世界最高峰のフィジカルコンディションを整える方法が本書の内容です。

世界最新の医学から見れば、日本人が当たり前だと思い込んでいる
健康常識が間違っていることもたくさんあります。

生涯元気に動けるカラダのつくり方は
世界最新の医学で証明されています。

本書の内容を一助として、読者の方が将来の健康を守ることで、
日本の医療費40兆円の削減にも貢献したいと願っています。

ページの先頭へ

閉じる

  • 世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ
  • 世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中