ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 吉田豪の“最狂”全女伝説 女子プロレスラー・インタビュー集

  • 吉田豪の“最狂”全女伝説 女子プロレスラー・インタビュー集

吉田豪の“最狂”全女伝説 女子プロレスラー・インタビュー集

  • 吉田豪/著 吉田 豪
    1970年、東京都生まれ。プロインタビュアー/プロ書評家/コラムニスト。編集プロダクションを経て『紙のプロレス』編集部に参加。そこでのインタビュー記事などが評判となり多方面で執筆を開始する。現在、雑誌・新聞に多数の連載を抱えるほかテレビ、ラジオ、ネットなど様々なメディアに活躍の場を広げている

  • ページ数
    319p
  • ISBN
    978-4-86494-139-6
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,574 (税込:1,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 愛憎満ちた全女のリングに、プロインタビュアー・吉田豪が迫る!
目次
ブル中野―自分がもしそこで死んでいたとしてもそれでいいやと思った これでお客さんは絶対に納得させられる
長与千種―あそこまでやるプロレス団体は全国探しても「全女」だけですよ
ダンプ松本―「リングの上で殺しても刑務所には入らないんですよね?」って試合前にいつも確認してた
マキ上田―負けなきゃいけないジャッキーとの敗者引退マッチでもフォールされると体が反応しちゃうんですよ
神取忍―メチャクチャな対抗戦ブーム そんな時代に生きられて良かった
赤城マリ子―低迷して金庫に1円のお金も入ってなかったのが大田区体育館で1千万興行上げた時、すごかったですよ
クレーン・ユウ―新人時代に先輩からのきついシゴキ「人生ゲームのおもちゃのお金を持って肉屋で靴下買ってこい」
立野記代―芸能の仕事を「辞めたい」って言ったら会長が、「お前らにいくらかけてると思ってるんだ!今すぐ金もってこい!」って
ナンシー久美―B班は雑草集団だから練習させなきゃって思うじゃないですか?だけどヤツらは練習しない!
大森ゆかり―全女に入ってみたら女子高生みたいなノリで私は楽しかった
ロッシー小川―全女っておかしなもんで、公式的なアングルってないんですよ
井上京子―「この世界はな、性格の悪いやつが上に上がるんだ」田舎には悪い人がいなかったから松永ファミリーには驚いた
影かほる―ダンプ松本のふりしてメイン試合に出てバレなかった それが私の現役時代の一番の思い出
志生野温夫―放送しててもクラッシュの時代は怖かったんです 一番気を使ったのは、誰か死ぬんじゃないかって
堀田祐美子―金網の上からバーンと落とされて首が曲がって脚が向こうにビヨーンと行っちゃった時、「あ、私死ぬ」って思ったね
ボブ矢沢―試合中に首を骨折した北斗晶が「ボブちゃん、首引っ張って!」って
ブル中野―殺したいほど憎める人に出会えたんです 最高の恋人に出会えたのと同じで、やっと会えたんです
ミミ荻原―外国人レスラーから押さえ込まれるたびにキスされて…
松永高司―日本全国を女子プロレス一色にする そうすると日本全国に散らばったお金をかき集められる(笑)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 吉田豪の“最狂”全女伝説 女子プロレスラー・インタビュー集
  • 吉田豪の“最狂”全女伝説 女子プロレスラー・インタビュー集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中