ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 平和の憲法政策論
  • 平和の憲法政策論

  • 平和の憲法政策論
  • 平和の憲法政策論

平和の憲法政策論

  • 水島朝穂/著 水島 朝穂
    1953年、東京都府中市に生まれる。1976年、早稲田大学法学部卒業。1983年、同大学院法学研究科博士課程単位取得退学。1983年、札幌商科大学助教授。1984年、札幌学院大学法学部助教授。1989年、広島大学総合科学部助教授。1996年、早稲田大学法学部教授。1997年、博士、法学(早稲田大学)取得。2004年、早稲田大学法学学術院教授

  • ページ数
    450p
  • ISBN
    978-4-535-52007-3
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,400 (税込:6,912

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本国憲法の平和主義、グローバル化した安保体制、自衛隊・軍事問題を総合的に探究し、これからの憲法的平和政策のあり方を示す。
    (「近刊情報」より)
目次
第1部 ポスト冷戦期の「安全保障環境」の変化と憲法(安全保障と憲法・憲法学―腰をすえた議論のために
自衛隊の平和憲法的解編構想 ほか)
第2部 「人権のための戦争」と「戦争の民営化」(「平和と人権」考―J.ガルトゥングの平和理論と人道的介入
「人道的介入」の問題性―「軍事介入主義」への回廊 ほか)
第3部 日本型軍事・緊急事態法制の展開と憲法(テロ対策特別措置法
ソマリア「海賊」問題と海賊対処法 ほか)
第4部 日米安保体制のグローバル展開(安全保障体制
日米安保体制のtransformationと軍事法の変質 ほか)
第5部 ドイツ軍事・緊急事態法制の展開(緊急事態法ドイツモデルの再検討
ドイツにおける軍人の「参加権」―「代表委員」制度を中心に ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

憲法政策論の軸は、日本国憲法の基本原理に置かれるべきである。憲法の平和主義の領域においては、軍事的合理性を前面に押し出して「軍事的なるもの」が肥大化していく現実がある。それを憲法規範の側に漸次的に引き戻していく憲法政策論的課題を明らかにしつつ、「軍事的なるもの」の持続可能な統制の必要性と可能性を探る「平和のための憲法政策論」。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中