ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 僕の瞳に映る僕

  • 僕の瞳に映る僕

僕の瞳に映る僕

  • シリーズ名
    メディアワークス文庫 お8-1 花霞紅莉の怪異調書シリーズ
  • ページ数
    265p
  • ISBN
    978-4-04-893293-6
  • 発売日
    2017年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

590 (税込:637

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • その視線を感じたら、最期──。
    世にニ十冊しか存在しない奇書『眼球蠱聞』の物語をなぞるように起こる博多区連続通り魔事件。捜査官・花霞紅莉は、事件の真相を追ううち日本庭園「仙願亭」に潜む怪異に蝕まれ……。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

世にニ十冊しか存在しない奇書『眼球蠱聞』。その物語をなぞるかのように、博多区連続通り魔事件が発生する。
 捜査官の花霞紅莉は、見た目は小柄な新人刑事ながら、他人の仕草から嘘を見抜く能力があった。コンビを組む、切れ者ながら昼行灯の捌津茅晋助と容疑者である高校生の自宅を訪れると、事件の鍵を握ると思われる『眼球蠱聞』と大量の人形を発見する。
 事件の真相に迫る二人は、日本庭園「仙願亭」に潜む、人形に纏わる怪異に蝕まれて行き……。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 僕の瞳に映る僕
  • 僕の瞳に映る僕

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中